2011年02月24日

アクチュアル・プレイングタイム

山本昌邦・戸塚啓著「世界基準サッカーの戦術と技術」でムムッときた言葉は「アクチュアル・プレイングタイム」。
アクチュアル・プレイングタイムはボールを保持していた時間を示す。ボール支配率との違いは「%」ではなく時間(分)で示されること。つまりプレーが止まってる時間ははぶかれる。

2010W杯での日本のプレイングタイムは、全4試合で相手チームを下回り、平均値は北朝鮮以下の最低レベル。韓国からは大きく引き離されてる。

日本のプレイングタイムが短いのは相手にポゼッションされていることに加え、試合が止まってばかりいることを示してる。
日本の試合はどうして止まってばかりなのか? その答えの1つは、日本はファールを受ける回数が多いということらしい。
日本の攻撃が良くて、相手がファールでしか止められなかったのか? そうならいいんだが明らかに違う。日本選手はコンタクトやタックルを受けると簡単に倒れるってことだ。だから日本代表の試合はぶち切れでつまらないとも言える。

それじゃ日本選手はコンタクトやタックルを受けるとなぜ簡単に倒れるのか? それは普段のリーグ戦や練習で激しいコンタクトやタックルを受けてないからだろうね。
海外移籍した選手はよく言う。海外では練習でも激しく当たって来ると。
つまりJや育成年代を含め、日本のトレーニング環境が「ぬるい」ってことだよね。
日本サッカーを更に進化させるには、この「ぬるさ」をしっかり認識して、指導法を変えていかないといけないのではと思う。

アクチュアル・プレイングタイム。Jリーグでも是非導入してほしいな。 もしかして数値がひどすぎて、ダメなリーグってばれちゃうから公表できない?

posted by taku at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

僥倖

山本昌邦・戸塚啓著「世界基準サッカーの戦術と技術」を読んだ。
その中で、2010W杯での岡田ジャパンのベスト16進出を「ギャンブルを仕掛けたゆえの僥倖に恵まれた」と表現されてる。

僥倖?

自分のボキャにない言葉だったので辞書を引く。

僥倖(ぎょうこう):思いがけない幸運

まさに!
岡田ジャパンのベスト16進出を表す、これほどぴったりの言葉はないな。

posted by taku at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

宮市

岡崎の移籍問題は何だかなぁって話題だけど、宮市の活躍はうれしいニュースだな。
なかなかのイケメンだし、人気に火がつく可能性大だね。
アホな日本のマスコミがたくさん押し掛けて行って、集中が切れなきゃいいなと思っているが、フェイエあたりだとちゃんとガード固いかな? あとはエージェントがちゃんとガードしてくれるといいんだけど。宮市くんのマネージメントはどこ(誰)がやってんだろう?

posted by taku at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

W杯の優勝国はすべて自国の監督に率いられていた

山本昌邦・戸塚啓「世界基準サッカーの戦術と技術」を読み始めた。
その本のカバーに、「W杯の優勝国はすべて自国の監督に率いられていた」という記述があり、へぇーっと思った。
そして思い返してみる。2010南アはスペインが優勝で監督はデルボスケ。2006はリッピ・イタリア。2002はフェリポンか。1998フランスはだれだっけ? 1994はパヘイラだったよね。それ以前は。。。 ぜんぜん思い浮かばないので調べてみた。

2010 スペイン デル・ボスケ
2006 イタリア リッピ
2002 ブラジル フェリポン
1998 フランス エメ・ジャケ
1994 ブラジル パレイラ
1990 西ドイツ ベッケンバウアー
1986 アルゼンチン ビラルド
1982 イタリア ベアルツォット
1978 アルゼンチン メノッティー
1974 西ドイツ シェーン
1970 ブラジル ザガロ
1966 イングランド ラムゼイ
1962 ブラジル Moreira
1958 ブラジル Feola
1954 西ドイツ Herberger
1950 ウルグアイ Juan Lopez
1938 イタリア Pozzo
1934 イタリア Pozzo
1930 ウルグアイ Alberto Suppici

ビラルド、メノッティー、ザガロは今でもサッカーニュースに登場するのでなじみがあるが、1982ベアルツォット、1974シェーン、それから1966のラムゼイ以前はまったく聞いたこともない。

ま、とりあえず、タイトルどおり、「W杯の優勝国はすべて自国の監督に率いられていた」ってことなんだね。

だからと言って日本代表監督は日本人でとはまったく思わない、現段階では。
世界で戦える日本人選手は出始めているが、残念ながら世界基準の日本人指導者はまだ1人もいないと言っていいと思う。
選手同様、指導者も欧州で経験を積まないとダメなんじゃない? 短期間の研修のような「お客さん」ではなく、少なくともコーチとしてチームに入り、戦う経験が必要だと思う。

posted by taku at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | W杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

前田浩二S級認定

「日本サッカー協会は本日行われた理事会で、九州リーグのヴォルカ鹿児島でGM兼ヘッドコーチを務める前田浩二氏(42)を公認S級コーチに認定した」

浩二さんオメデトウ! まずヴォルカの監督ってことかな?

posted by taku at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

ギヴンの飼い殺しはつづく

2月に入ったが、ギヴンがシティーのベンチを温めてる。
あぉ、1月中に移籍できなかったのかぁ。

アイルランド代表、マンチェスター・シティーのGKシェイ・ギヴン。ハートに正GKの座を奪われ出場機会がなくなってる。冬のマーケットで移籍するもんだと思っていたが、マーケットが閉じた2月になってもシティーのベンチに。
冬のマーケットは閉じちゃったから夏まで待つしかないんだよね?
シュートへの反応は欧州ナンバー1ともいわれるGK、プレーできてもあと数年、そのうち1年をベンチですごすのはもったいなすぎるー!

posted by taku at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

ハノーファーがヤットに興味

http://www.footballpress.net/index.php?action=read&idsel=78759 で、ハノーファーがヤット獲得のために100万ユーロ準備という情報が掲載されてる。1億円強か。

もう若くないし海外挑戦するなら早い方がいいね。あれでももうマーケットって閉じちゃってるんだよね。今夏ってこと?

ところで名前がまちがってるぞ。ヤスヒトじゃなく「Yasushito」(ヤスシト)になってる。残念。。。

タグ:遠藤保仁
posted by taku at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

桜島

新燃岳につづいて桜島も警戒レベルらしい。桜島の噴火や爆発のニュースを聞くと、ヤットのご実家が大丈夫か気になるんだよなぁ。

日本が準優勝した99ナイジェリア・ワールドユース。ワールドユースのときの指揮官はトルシエだったが、ワールドユースの予選にあたるアジアユースまで指揮を執っていたのは清雲さん。清雲さんはヤットのことを桜島出身てことから、そのまんま「桜島」と呼んでいたっけ。

ヤットが桜島と呼ばれてたことにちなんで、フリューゲルスサポが「桜島大噴火」という横断幕を作って、チェンマイで開催された98アジアユースに持ち込んでた。だいたいバックスタンドのド真ん中に掲げてたから試合中ずっと映ってた憶えがある。

タグ:遠藤保仁
posted by taku at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

長友インテルデビュー

長友、出たんだね。途中出場で約15分プレー。左サイド抜け出して何度かチャンスメイクしてっじゃん! 
長友、まじ大化けするかも?
posted by taku at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マドリーvsラ・レアル

ラ・レアル(レアル・ソシエダ)はマドリーに歯が立たず。
たちあがり、ラ・レアルの小さくなったクリアを拾ったヵカが落ち着いて決めたのに対し、カシージャスのミスを押し込めなかったタムード。この辺が差なのかな? 
ヵカの先制のあとクリスティアーノが2点取り、最後にはアデバヨルのリーガ初ゴールのおまけつき。アデバヨル乗りそうだね。
ベンゼマ涙目?
posted by taku at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。