2007年04月23日

セルティック優勝決定弾

きのうのノースロンドン・ダービーも終了間際の劇的なゴールだったが、もっとすごいのを俊輔が決めた!
さっき終わったキルマーノック戦で、ロスタイムにリーグ優勝を決める、直接FKを見事ねじこんだ。

kilmarnockxceltic_fk.jpg

本当今年は印象的な仕事をしてるね。
優勝を決める決勝ゴールは、リーグMVPに向けても好材料。こりゃ間違いないでしょ?

サッカー・ブログをもっと見る
posted by taku at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

ノースロンドン・ダービー

ノースロンドン・ダービー、トットナムホットスパーvsアーセナル戦を見た。
ゲームは終了間際の劇的な同点ゴールで、ホームのトットナムがドローに持ち込んだ。

spursxarsenal-1.jpg

トットナムは、前半、ゴール前の混戦からロビー・キーンが反応の早さを活かして頭で押し込み先制。しかし、試合の主導権は1試合通じてほぼアーセナル。やはりというか後半アーセナルはきっちり逆転する。後半スパーズはシュートらしいシュートも撃てず、淡白な攻めに終止。こりゃどう見てもアーセナルの勝ちだなと思いながら見ていたが、ロスタイムになってやっとというか、スパーズが最後の意地ともいえる攻撃を見せ始める。しかし決定機まではなかなか作れない。そして表示された4分のロスタイムもわずかになったところで最後のチャンス。中央、20メートルほどの位置からジェナスが放った低い弾道のミドルがレーマンの指先をかすめゴール隅へ。ゴールが決まった時、時計は94分06秒を表示していた。

spursxarsenal-2.jpg

アーセナルは、チャンピオンズ・ストレートインの2位以内の可能性はなく、逆に予備戦から出場の4位より下に落ちる可能性もほぼないに等しい。何をしてでも勝つんだっていう強いモチベーションがないのはしかたないのかもね。

逆に、ギリギリのところで勝ち点1をつかみ取ったスパーズ。この勝ち点1は、UEFAカップ出場枠獲得に向け、のちのち大きな勝ち点1になるかもしれないね。

他の人気サッカー・ブログを探す
posted by taku at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

CL バイエルンvsミラン

CL準々決勝第2レグ、バイエルンvsミランを見た。

ピッポもやっぱ抜け目なかったけど、この試合は何といってもセードルフだったね。
先制点といい、2点目のピッポへのアシストといい、大事な試合で、落ちついたいい仕事をした。複数チームで欧州一になってるだけのことはあるな。
ピッポのゴールはビデオで見るとオフサイドに見えるけど、バイエルンのディフェンスラインの選手でさえ抗議もせず、副審が見逃すのもいたしかたないか。

ベスト4、ミラン以外の3チームはイングランド勢。
準決の組み合わせは、マンUvsミラン、チェルシーvsリヴァプール。

同一国(協会)からベスト4に3チームが残ったことは過去に2度あり、その2度とも決勝には同一国が勝ち上がっている。このジンクスが今年も続くとすると、ミランはマンUに敗れ去るってことになる。
僕としては、マルディーニがもう1回世界一になるのを目の前で見てみたいってのがあるので、CLはミランに優勝してもらいたいんだよなあ。と言った意味で、このジンクスは続かないでもらいたいんだが…

最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!
posted by taku at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UEFA CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

サッカーアース

日テレだから元からあんまり期待してないってのはあるんだが、タカトシはどうよ?
タカトシ自体はすごく好きだったりするんだけどさ。
「欧米か?!」を初めて聞いたときは、このツッコミはすげえ、ブレークするかもと思ったら本当にブレークした。
でもサッカー番組を仕切らせるのは、やっぱイロモノ感強いっつうか、本物感がないのよね。スパサカ、やべっちの足元にも及ばんて感じ。タカトシが悪いんじゃなく、やっぱそのキャスティングする日テレがダメなんだろうな。
とか言いつつ、見るんだけどさ。

サッカーアース

他のサッカー・ブログを探す
posted by taku at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

ナビスコ主力温存と最強チーム規定

きのうの読売新聞に「ナビスコ杯 軽視できぬ主力温存」という記事が出ていた。
先週4/4に開催されたナビスコカップで、柏が直前のJリーグFC東京戦からスタメンを全員入れ替え、また柏以外にもスタメンを大幅に入れ替えて試合に臨んだチームが多かったことを受けての記事だ。

Jリーグには「最強チーム」規定というものがある。
「リーグ戦5試合経過後の先発メンバーは、それまでに1試合以上先発した選手を6人以上含むこと」

4/4時点でリーグは4節しか消化していないので、この規定は適用外。Jリーグ側も特に問題として取り上げない方針らしい。

この記事のニュアンスは、規定には反していないが、こういう主力温存は問題で、「最強チーム」規定の精神には反するのではないか? またtotoへの影響も無視できないと、メンバーを入れ替えて試合に臨んだクラブを責める論調。

この論調にはいささか異論を禁じ得ない。
ナビスコは賞金こそあれ、たとえ優勝したとしても、リーグで下位に沈めば降格を免れるわけではない。
降格争いの危険があるクラブがナビスコで主力を温存したいのはごく自然なことだ。

Jリーグ側が「最強チーム」規定を定める言い分は、「ファン、サポーターに対して、ベストメンバーで試合に望む責務がある」だそうだ。が、「ファン、サポーターに対して」というのは建前だ。「ファン、サポーターに対して」ではなく「スポンサー様に対して」が本音だろう。
ファンやサポーターなら、ナビスコを中途半端にがんばって、降格する方がよっぽど怒るよね。

ナビスコを軽視するクラブを責めるくらいなら、そういう問題が以前からあることがわかっていながら、「最強チーム」規定などという絆創膏を貼っておしまいのような処置だけで、根本的な対策を何も施さないJリーグの方を糾弾すべきだと思う。
またtotoへの影響をいうなら、主力を温存するチームもあるということも含めて予想の妙を愉しむべきと言いたい。

Jリーグも15年経ってクラブの多様性が出てきた。創成期のように、すべてのクラブが優勝を目指すなんてことを言わなくなった。優勝を狙うチームから、まずは残留を考えるチームまで、また順位ではなく目指すサッカーを追求するチームも出始めた。
クラブも多様化してきたのだから、大会によってクラブが比重のかけ方を変えることもあって然るべきだ。
力のあるビッグクラブなら全タイトルを狙えばいい。もしリーグ優勝が厳しい状況になった有力クラブが、ひとつだけでもタイトルを取ろうとナビスコを取りに行くのもありだ。こんなことは欧州ではよく目にする光景。降格が危ぶまれるクラブならナビスコや天皇杯は選手を温存し、リーグに集中するのも、戦略といえば戦略のひとつ。
こんな自然なことを、「最強チーム」規定などというもので縛らないでほしいものだ。

Jリーグ側に言いたいこととしては、ナビスコを軽視してほしくないなら、クラブがナビスコを取りにいきたくなるようなニンジンまたは権威をもっと厚くする工夫をすること。
そうすればナビスコももっと盛り上がり、当然軽視するクラブも減るはずだ。

僕らサッカーファンができることとしては、J創設当初からずっとスポンサーを続けてくれてるナビスコの商品を買ってあげることだろうか。ナビスコカップの試合前後に売上が伸びれば、スポンサーになってる意義を感じてくれるはずだ。

サッカー・ブログをもっと見る
posted by taku at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

4/1 Jプレヴュー

横浜FC vs 名古屋 三ツ沢 14:00

名古屋は勝てば首位キープ。それから開幕無失点記録も伸ばしたいところだね。
名古屋が好調ってことで、チケットはアウェイゴール裏のみ完売。
横浜FCのウェブサイトには、明日の観客数予想8900人と出てる。
明日は三ツ沢に行くことにしてるが、観やすい席を確保するため早めに行った方がよさそうだ。
個人的には、フリューゲルスと名古屋で長年いっしょにプレーした、山口と楢崎がキャプテンとして出場するのに注目。コイントスも楽しみだな。
天気は、晴れて暖かくなるという予報。おいしいビールが飲めそうだ。

大分vs浦和 九石ド 16:00

大分は松橋に注目かな。先日のペルー戦には出場はなかったものの、オシムジャパンに初招集された松橋。代表招集で自信もついてることだろうし、代表の練習のなかで成長した部分もあるかもしれない。同じく初招集された新潟の矢野貴章、清水の藤本、U22代表に復帰した枝村がきょうのJの試合で活躍を見せた。松橋にもなんかやらかしてほしいところ。
レッズは結果は出ているが、その戦いぶりは盤石とはいいがたい。逆にいえば悪いながらも結果をたぐり寄せるチーム力とも言えるのかもしれないが。

京都 vs 福岡 西京極 16:00
降格チーム同士の対決。京都はこれ以上首位グループから離されたくはないだろうけど、簡単じゃないよね。熱い試合になるんじゃないかな。

愛媛 vs 仙台 愛媛陸 16:00
仙台は勝って首位をキープしたいところだね。

サッカー・ブログをもっと見る
posted by taku at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。