2008年12月19日

FCWC G大阪vsマンU

試合終了の笛のあと、思わず立ち上がって拍手せずにはいられなかった。
こんな満足感はいつの試合以来だろう? 2006年ドイツW杯、ニュルンベルクで見たポルトガルvsオランダ戦以来くらいかな? でもあのときは応援してるポルトガルが勝ったので満足はあたりまえなんだが、今回は応援するガンバは力の差を見せつけられての敗戦。
それでも両チームが見せてくれたサッカーは、本当に楽しめたし、満足した。

冷静に振り返れば、ガンバにとっては力の差を見せつけられた試合。
前半0-2から山崎のゴールで1点返したのと、ルーニーの途中出場でスイッチが入ってしまったね。5分間で3点。悲しいぐらいの差。
4点差がついて、マンUは安心したのかな。その後ヤットのPKとロスタイムのハッシーのゴールで、マンUは3失点。マンUの3失点は今シーズンの最多タイだそうだ。
3-5で試合は終了。ゲームはマンUの完勝なんだが、試合後の印象は、「マンU完勝」というよりむしろ「ガンバ健闘」の印象が強い。それは試合後の観衆の反応を見てもわかるよね。

それにしても本当に楽しめた試合だった。クリスチアーノも魅せてくれたし、ルーニーの強さうまさ、そして悪童ぶりまで見せてくれたし、ガンバがまさか3点も取るとは思わなかったし、ヤットも存在感みせるだけにとどまらず、コロコロとは言えないかもしれないけどPKまで決めるは、本当盛りだくさんの試合だった。こんな楽しい試合ならお金払って観る勝ちがあるね。
日曜もこんな楽しい試合になることに期待。
posted by taku at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

横浜の奇跡を! マンUvsガンバ戦

きょうのマンU対ガンバ戦、番狂わせを期待する意味を込め、また指揮官が西野であることから「『マイアミの奇跡』の再現を!」なんて話題も出てる。
アトランタ五輪チームは、監督が西野であるだけでなく、今ガンバで一番注目されてるヤット(遠藤保仁)の兄・彰弘が10番をつけて出場していた。
もうひとつ、ガンバで最注目選手のヤットは7番だが、アトランタ五輪チームで最も注目されていた選手でありキャプテンでもあったのは前園で7番だった。
そしてだ、そのヤットも前園も、鹿実を卒業してフリューゲルスでプロへという経歴を持つ。
何かの縁を感じるね。
「横浜の奇跡」に期待!
posted by taku at 16:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

J's Goalに心霊写真!?

J's Goalフォトに心霊写真が載ってるって話題になってるそうだ。
心霊写真といわれてるのは、入れ換え戦第1戦ユアスタでのベガルタ富田とズビロ村井のマッチアップシーン。村井の太ももの後ろにありえない手が!!!
こりゃおもしろい。J's Goalフォトのランキングトップの座はしばらく変わらなそうだね。
http://www.jsgoal.jp/photo/00040700/00040710.html
posted by taku at 17:46| Comment(1) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

FCWC ガンバvsアデレード

ガンバvsアデレード、3度目の対戦もガンバが1-0で勝利。
でも今回は楽には勝たせてもらえなかったね。
ガンバを苦しめたのは、高い位置からの強いプレス。ビドマーは3戦目にしてやっと日本のチームの弱点に気付いたのかな?
日本代表もそうだが、ふだん弱いプレスにしかさらされてないので、大きな相手に早くて強いプレスを受けると、自由にプレーできなくなる。ガンバは何度もマイボールをロストしていた。

こんなレベルじゃ、次のユナイテッド戦は目を覆いたくなる試合になる可能性もある。
決定力のないアデレードだから、ボール逸が失点につながらなかったが、ユナイテッド相手にあんなことをすると致命傷になるからね。

でもユナイテッドは頭からガツンとは来ないだろう。ユナイテッドの照準はすでに決勝に向いてるはず。ガンバ戦でできるだけ消耗せずに決勝に進みたいと考えてるはずだ。
だから、ユナイテッドが本気でプレッシャーをかけてくる前、まだ様子見してる間は、ガンバにも攻め込めるチャンスは何度か作れるはず。その1つでもものにできれば、おもしろい展開になるかもしれない。

【All About】専門家がガイドするテーマ別情報サイト
男の"やる気"を応援、【マカ&アシュワガンダ】
最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!
posted by taku at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

マドリー善戦、バルサ苦しむも... クラシコ

バルサは苦しんだね。バルサが苦しんだというか、マドリーが苦しめた。
いままでもろかったマドリーのディフェンスが嘘のよう。まあマドリーもああいうディフェンスに徹した戦い方はバルサを相手にしたときくらいしか許してもらえないだろうけど。

苦しんだバルサだが、それでもゴールをこじあけ、そして前半は相手のファールにフラストレーションを溜めていたメッシがあざ笑うかのような追加点を決めて2-0。カン・ノウ (Camp Nou) に詰め掛けたファンを満足させた。

でもやはりマドリーはなかなかやったね。やっぱクラシコは別物ってのもあるし、監督が替ったってのもいい刺激になったんだろう。今後マドリーの復調はあるかもね。でもクラシコは敗戦。ライバル・バルサとの勝ち点差はますます開く結果。復調したとしても、シーズン終了までにバルサが不調にでも陥らないかぎり、リーグ連覇はむずかしそうだ。

posted by taku at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラシコ

クラシコである。
好調のバルサ対、絶不調でシュスターを解任し、ファンデラモスを新監督に迎えたマドリー。

個人的には、マドリーにもグティやラウールなど、何人か好きな選手もいるんだが、マドリーは嫌い。嫌いというかマドリーがやられるのが好きかな。アンチ・マドリーというか。
なので当然クラシコはバルサを応援。
バルサ・ホームだし、バルサの攻撃陣がこのところの好調さを出せれば、大量得点もあるかなとも思うが、監督が替わった直後って、選手が奮起して結果出るってことはよくある。また、クラシコをはじめ、超ビッグなダービーマッチは、そのときの好不調や成績に関係なく、熱い試合になること多いからね。

なにはともあれ、明日は早起きしなければ。
posted by taku at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FCWCとJ入れ替え戦とオシムの言葉

今日行われた、FIFAクラブワールドカップ (FCWC) のアルアハリ vs パチューカと、Jリーグ入れ替え戦第2戦。この2試合で共通のシチュエーションがあった。それはパチューカもベガルタも、90分内に「2点必要」というシチュエーション。
ただこの厳しい状況への対応力の差が、試合の結果として大きな差につながった。
絶対負けが許されない試合において、2点必要という状況は、異常事態を意味する。それはリスクを負ってでも攻撃しなければならない状況ということだ。

パチューカは正にリスクを負い、人数をかけて攻撃し、追いついた。そして延長で逆転に成功。
パチューカが攻撃に人数をかけたのは確かにリスキーだった。結果的に追いつきはしたが、逆に突き放されていてもおかしくなかった。ただリスクを負って攻撃しなければ、追いつけずに90分で敗退が決まっていた可能性が高い。

パチューカとは逆に仙台は、リスクを負ってまで人数をかけて攻撃することが、まったくとは言わないが、いまひとつできなかった。
相手ゴール前に殺到することも少なかったし、ディフェンス陣は終止安全な人数を残していた。残り時間が少なくなっても、パワープレーにさえ持ち込めない。体力的にきびしいというのもあったんだろうが、状況によってどういう攻撃をするかという判断というか引き出しというか、「サッカー知能指数」みたいなものの差を感じずにはいられなかった。
ベガルタとジュビロの差というより、ベガルタとパチューカの差。というよりJと世界の差なのかな。

そういえば、日本が世界に近づくために、「リスクを冒してでも攻めろ」と説いたのはオシムだった。そのオシムの言葉が日本全体に浸透する前に、オシムは病に倒れ、そして残念ながら日本代表のアドバイザーもやめ、帰国してリハビリに専念することになってしまった。
アドバイザーという立場でなくても、日本サッカーに対して、リスクを冒してでも攻めることの大切さを、これからも何らかの形で説きつづけてほしいと思うんだが。。。
posted by taku at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

ヤマハの悲劇は起きず

「ドーハの悲劇」を伝える記事だったかドキュメンタリーだったか、イラク戦に臨むオフトの表情を、黒人なのに顔面蒼白になっているという表現の記事を読んだことがある。
きょうの入れ替え戦、オフトはどうだったんだろう?

入れ替え戦第2戦、「ヤマハの悲劇」は起きなかったが、可能性はあったねぇ。
ロスタイムにリャンの直接FKが決まり2-1、その後ゴール前の混戦もあり、そして残り30秒で仙台にCKが与えられたとき、オフトはどんな顔してるんだろうと考えてしまった。
オフトの脳裏にも、1993年のドーハでの出来事がよぎったんじゃないかな?

でも、ゴール前に上げられたCKはジュビロの選手にクリアされ、その直後、終了の笛。
オフトはホッとしたろうね。ゴンも椅子から転げ落ちることもなかったし。

ベガルタ、だから言ったでしょ。最後のCK、ショートコーナーやるべきだったんだよ。

他の人気サッカー・ブログを探す
posted by taku at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤマハの悲劇?

クラブワールドカップも開幕し、Jのほうはリーグ戦が終了したが、まだ入れ替え戦が残ってる。
入れ替え戦第2戦は今日このあと16時キックオフ。泣いても笑ってもこの試合の終了の笛がなったとき、雌雄が決することになる。

第1戦1-1ドロー。アウェイゴールを奪い、0-0でもいいオフトは、J1のプライドをかなぐり捨てて引いてくるのかな?

オフトというとやはり思い出されるのは「ドーハの悲劇」。
今日の入れ替え戦、0-0のまま後半ロスタイムまでいって、もし仙台がCKを奪ったら、ショートコーナーやってみるといいかも?
そしてもしそれが決まっちゃったら、ベンチから崩れ落ちるゴンが再現されそ。
こんなこと現実におきたら、「ヤマハの悲劇」とか命名されるのは確実だな。

All About←日本代表・Jリーグ おすすめコラム by戸塚啓
サッカー・ブログをもっと見る

posted by taku at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

クラブワールドカップ開幕

クラブワールドカップが始まってるが、やっぱオージーvsニュージやメヒコvsエジプトなんて試合は、なかなか金払って観に行こうって人は少ないわな。

アデレードvsワイタケレの試合は一応テレビで観たけど、世界一を争う大会にはそぐわないレベルの低さ。とくにスピード感のなさ、選手の反応の遅さは、テレビ中継されるような試合ではちょっとお目にかかれないくらい。スピード感でいえば、JFLとか地域リーグよりないかもね。

有名な選手がいなくても、そこそこ面白い試合が展開されるなら、まだ納得もできるが、このレベルはどうよ?

客が入って盛り上がり始めるのは、ガンバが登場する豊田の試合からかな。それとて大阪から近いとは言えない豊田での試合、スタジアムが埋まるまでにはいかないだろうね。

それからちょっと心配なのは、豊スタの芝って大丈夫なのかな?
ピッチが悪いと、パスまわしが命のガンバには不利に、パワーと空中戦に強いアデレードに有利に働くかもね?

最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!
All About←ワールドサッカー ガイド:斉藤健仁

posted by taku at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

入れ替え戦第1戦

J1 J2入れ替え戦の第1戦、仙台ホームの試合が行われた。
生中継は、スカパーとNHK宮城ローカルのみ。NHK BS1は録画。スカパーに加入してるか、宮城に住んでる人しか生で見れないってか?
静岡放送がインターネットラジオライブをやってたのでアクセスして聞いてみたが、当たり前といえば当たり前なんだけど完全ジュビロの応援放送で、中継ってよりジュビロへの応援ファクス読み上げ放送みたいなしろもので、ちょっとうざい。
ネット中継がないかといろいろ探してると、NHK宮城ローカルのストリーミングを発見して、これで生観戦。こっちは元仙台監督の清水秀彦が解説で仙台寄りの放送。NHKは1つの映像で、仙台ローカル音声とBS全国放送用音声のダブルで放送するんだね、きっと。一粒で2度おいしい?

ゲームの結果はといえば、前半仙台が先制するも後半ジュビロが追いつき1-1ドロー。アウェイゴールを奪ったジュビロが、第2戦は0-0ドローでも残留という有利な状況。仙台は点を取らないとダメで、逆に言えばシンプルな状況ともいえる。
仙台は2点取ることを視野に入れて第2戦に望むべきだね。もし先に1点失点したとしてもそれは大きな問題じゃない。失点しても自分たちが2点取ることが最優先。2点とればジュビロは2点では足りなくなるんだから。
この状況はACL準決勝ガンバvsレッズと同じ。

第2戦は12/13(土) 16:00 ヤマハ。
なんだ第2戦も生はスカパーとNHKローカルだけか。こりゃまたネット観戦だな。

最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!
【All About】専門家がガイドするテーマ別情報サイト
posted by taku at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

JEF残留、東京V降格、鹿島V2、入れ替え戦は仙台vs磐田、J最終節

J最終節、悲喜交々いろいろあったけど、特別贔屓チームがないサッカーファンとしては、こんなに楽しい充実した日はそんなにない。

まずは12時キックオフのJ2。鳥栖は可能性は0じゃないが現実的には無理として、仙台、セレッソ、湘南の争い。
最終節対戦カードは、仙台vs草津、セレッソvs愛媛、福岡vs湘南。
まず湘南が前半失点。後半早々に2点目を食らって、ほぼ絶望。
その後今度はセレッソが失点して、このままいくと仙台が負けたとしても仙台が3位って状況に。
ところがところが、63、64分に立て続けにセレッソが得点して逆転。これで順位も逆転。セレッソが3位で仙台が4位に落ちる展開。
ところがところがところが、その数分後仙台に待望の得点が。その後仙台は、時間稼ぎもやりつつ虎の子の1点を死守、3位の座も守り切ることに成功した。

J1の優勝争いはまあ順当で、ワクワクドキドキはなかったけど、残留争いのほう、ジェフはすごかったね。
FC東京が2点先行したときは、「犬オワタ」というフレーズがネット上に溢れた。それが0-2から次々と得点して、結果4点取っての大逆転勝利。ヴェルディとジュビロが共に敗れたため、ジェフが劇的残留決定。
ヴェルディは自動降格、ジュビロは入れ替え戦へ。

ヴェルディさあ、引き分けなら自動降格は免れる状況で、船越入れてパワープレーって場面なのに船越の足元ばかりにパス出して、それじゃ船越もかわいそう、つうか船越足元ダメ過ぎとも言えるけど。でも船越入れたなら頭に合わせないとだしょ? ま、こういうことの積み重ねで降格なんだろうけどさ。

さて残るは入れ替え戦。
1戦目 12/10(水) 仙台vs磐田
2戦目 12/13(土) 磐田vs仙台
激しい戦いになりそうだね。個人的には仙台を応援だな。

All About←日本代表・Jリーグ おすすめコラム by戸塚啓
『K-BO-BO-』プロジェクトはじまる!宮迫の髪はどこまで増えるのか?
サッカー・ブログをもっと見る
posted by taku at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

バロンドールはクリスチアーノ

バロンドールはクリスチアーノ。
やはりというか当然というか。

ポイントは...
1位 クリスチアーノ 446ポイント
2位 リオネル・メッシ 281ポイント
3位 フェルナンド・トーレス 179ポイント

やっぱUCLでの活躍が効くのかな。EURO<UCL。
フェルナンド・トーレスはEUROではいい仕事したけど、08-09シーズンはケガの離脱も多いし、あんまり活躍できてないからね。メッシにしても、クリスチアーノのインパクト、話題性に較べるとやっぱ落ちるかな。

クリスチアーノはバロンドールを引っさげ、FCWCにやってくるってことで、FIFAや日テレ的にはよりおいしい状況って感じ。日テレとかうざいくらい騒ぎそ。
でもクリスチアーノは見たいね。マンU贔屓でない僕ですらクリスチアーノには魅せてほしいって思うからね。FCWC、楽しみになってきた。

All About←ワールドサッカー ガイド:斉藤健仁
最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!
posted by taku at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

J2は18チーム

週末のJ2、JFL最終節の結果を受け、Jリーグ理事会で、モンテディオ山形のJ1昇格、そして
栃木SC、カターレ富山、ファジアーノ岡山の3チームのJ2昇格が正式に決まったそうだ。
またその結果、FC町田ゼルビア、V・ファーレン長崎、ホンダロックの3チームが地域リーグからJFLへ昇格することも決まった。

来シーズン、J2は18チームになり、3回戦51節で戦われる。
1シーズン3回戦うってのは、ホーム/アウェイの面で不公平があって、ちょっといやなんだが、それでもチーム数が偶数になって、お休みチームが無くなったのはいいね。

これでJ1、J2、JFLまでチーム数が18チームになった。日本のサッカーリーグもだんだんまともなリーグになってきたな。

サッカー・ブログをもっと見る
K-BO-BO- プロジェクト「ワッキーの髪にも待望の変化が!?」
クルマ一台分で買える!?別荘・リゾート物件【ほしいリゾートnet】
posted by taku at 00:30| Comment(1) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。