2009年02月23日

ベンハミン・アグエロ・マラドーナ

アグエロに第1子誕生。マラドーナにとっては初孫誕生ってことだね。
名前は「ベンハミン・アグエロ・マラドーナ」。
そのニュースを伝えたFoot!のなかで「長男なのにベンハミン。辞書でも引いてください」という倉敷さんと幸谷さんのやり取りがあったので検索。
まあこの手のクラシカルなよくある名前はだいたい聖書に出てくる名前なんだよね。日本人にはあまり馴染みがなくて、ピンと来ないことが多いけど。

で、ベンハミン。アルファベットでは「Benjamin」。英語圏ならベンジャミンだ。
やはりというか、「旧約聖書」の「創世記」に出てくるらしい。
ベンハミンは、父ヤコブと母ラケルの第2子で、第1子はヨセフだそうだ。
きっとキリスト教を信仰する人たちにとっては、Benjaminは長男にはあまりつけない名前だったりするんだろうね。
日本で例えるなら第1子に「健二」って名付けるようなもんかな。

ちなみにヤコブは英語圏ならジェイコブまたはジェームスになり、フランスならジャック、スペインではハイメまたはディエゴにあたるんだそうだ。
ラケルは英語圏ならレイチェルだね。
ヨセフは、英語ならジョゼフ、スペイン語圏ならホセ、ポルトガル語ならジョゼ、イタリア語ならジュゼッペ、ドイツ語ならヨーゼフだ。
ジョゼ・モウリーニョとハイジに出てくる大きな犬は同じ名前ってことか。

posted by taku at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

マルディーニ、最後のデルビー

2/15のミラノ・ダービーは、終盤のミランの猛攻をしのぎきって、インテルが逃げ切り2-1の勝利。
インテルの1点目、アドリアーノのゴールは明らかにハンドだったが、GKアビアーティを除いて、ミランのディフェンダーもアピールしないくらいだったから、副審も主審も気付かなかったのはしかたないかな?
インテルの2点目スタンコビッチのゴールと、ミランの反撃の狼煙となるパトのゴールは、どちらも見事なゴールだった。

今シーズン限りで現役引退を表明しているマルディーニにとっては最後のデルビーだったわけだが、残念ながら勝利で飾れなかった。アドリアーノに置いていかれるシーンもあったが、まだまだやれそうだよね。
まずないけど、たとえばJに来たとしたらまだまだバリバリやれんじゃない? でもマルディーニには他のユニ着てほしくないってのもあるけどね。

08-09シーズンのミラノ・ダービーはどちらもホーム扱いのチームの勝ち。インテルとミランの勝ち点差は11に開き、2位のユーヴェも引き分けたため、インテルの独走状態。スクデットは今年もインテルになりそうだね。4連覇か。すごいな。
インテルは好きじゃないんだが、インテルというとジャンルカ・トト・富樫を思い出す。ジャンルカが亡くなってから、こんなに強くなるなんて。罪なクラブだ。
posted by taku at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

オールドファーム、俊輔先発

おっと忘れてた。ミラノダービーだけじゃなく、きょうはオールドファームじゃん。
今試合中。俊輔は日本で11日に試合やってから戻って即オールドファームってのはキツいね。
それでも、絶対負けられないセルティック・パークでのオールドファームに先発で使われるってことは、それだけ信頼されてるって証拠。期待に応えたいとこだね。

posted by taku at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラノ・ダービー

ミラノ・デルビー(ダービー)である。
前回ミラン・ホームのデルビーは、ロナウジーニョのヘッドによる移籍後初ゴールでミランが1-0の勝利。モウリーニョに就任後の初黒星をつけた。
今節はインテルがホーム。
インテルとミランの勝ち点差は8。前々節勝ち点6差まで詰めたのに、前節ミランは最下位レッジーナに勝てず8に開いてしまった。
ミランはこのダービーで勝てなきゃ奇跡の逆転Vはまずなくなる。是が非でも勝ちたいところ。
逆にインテルはスクデットを取れたとしても、デルビー2連敗は絶対許されない。

でもそんな勝ち点とか関係なしにもともとデルビーは熱いんだけどね。
注目のミラノ・ダービーは日本時間の明日早朝4:30キックオフ。

サッカーを観に海外へ! JTBツアー、航空券、ホテル、現地オプショナルツアー

posted by taku at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノースロンドン・ダービー

先週末のノースロンドン・ダービーをやっと見た。
リヴァプールから戻るロビー・キーンには、レドナップがキャプテンマークを用意すると報じられていたが、本当にキャプテンマークを巻いて先発。
試合はアーセナル、アデバヨールが前半で負傷交代、そしてエブエが2枚目をもらって1人少なくなり、スパーズが攻勢だったが結局スコアレス・ドロー。
ノースロンドン・ダービーのスコアレス・ドローは1998年以来だそうだ。

ロビー・キーンはフル出場したが、決定的なチャンスを決められず。
でもリヴァプールでフルタイム出場が少なかったから、これからコンスタントに試合で出られることだろうから、これからよくなるはず。そうすれば順位も上がってくるんじゃないかな。

一方アーセナルは、ノースロンドン・ダービーもドローで上位から離される一方。
しかもアデバヨールがハムストリングをやっちゃった。アルシャヴィンがベンチ入りしたが、1人少なくなったままスコアレスで試合が進んだため、出場機会はなし。スパーズが先制してたら出番があったかもしれなかったけどね。
けが人が多いから、アルシャヴィンが近いうち出てくるのは間違いなさそうだけど、アーセナルの厳しい戦いは続きそうだね。

最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!

posted by taku at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バーレーン戦チケット初日売り切れ

3/28バーレーン戦チケットの一般発売は今日からだったが、速攻で売り切れたみたいだね。
チケット販売の視点から見れば、オーストラリア戦のドローはよかったことかもね。オーストラリア戦で勝ち点3取れてれば、バーレーン戦はそんなに注目の試合にはならなかったはずだから。
オーストラリア戦、バーレーン戦とチケットの売れ行きがいいとはいえ、協会には代表人気が戻ったと勘違いしないでほしいな。アジアカップの予選やキリンチャレンジとかのフレンドリーはきっとまたあんまり売れないよ。もちろん相手が客呼べるチームなら入るだろうけどね。

チケットがあんまり売れなそうな試合は、後援会や協会登録者の無料招待、復活させたら?
売り上げより、スタジアムがガラガラでマスコミに人気がどうのこうのと書かれる方を気にした方がいいんじゃない?

最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!


posted by taku at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

荒川もWPS決定

澤、宮間につづいて、荒川も米国プロリーグ(WPS) へ行くことが決まったみたいだね。
荒川が移籍するのは、ベイエリアのFCゴールドプライドというチーム。
ベイエリアって聞いたことないんだけど、これ地域の呼び名なのかな? ホームスタジアムの位置を地図で見ると、サンタクララとかサンノゼ辺りらしい。

西友でレジ打ちしてたガンちゃんが西海岸か。なんか似合わねえって感じもするけど、がんばれガンちゃん!


posted by taku at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

オーストラリア戦、未来のことを考えると...

JPN vs AUS
W杯予選、オーストラリア戦を観てきた。
結果はドロー。点が取れなきゃ絶対勝てないからね。
でも、岡ちゃんになってから、一番レベルの高い、良い内容だったと思う。オーストラリアを慌てさせるようなチャンスもいくつか創った。
このレベルの試合がいつもできれば、W杯予選は間違いなく突破できると思う。
ただW杯ベスト4という目標にはほど遠い気もする。

オーストラリア、ピムはまず負けないことを重視して試合に臨んできたね。試合前の会見で「日本は恐れているのか?」と挑発的な発言をしたピム。でも恐れていたのはピム、あんたの方だ。オーストラリアは3ボランチぎみの4-3-2-1。アジリティーの高い日本を恐れてのディフェンシブなシステム。とてもヒディンクのアシスタントをしていた指揮官とは思えない布陣だね。
ピムがディフェンシブに来てくれたおかげで、勝てなかったが、負けもしなかった。
もしオーストラリアが攻撃的な布陣で来ていたら、長友もウッチーもあんなに攻め上がれなかったことだろうし、きっとピンチももっと多かったことだろう。
ピムの失策と言ってもいいかもしれない。

そのおかげで、悪い内容じゃなかったから、岡ちゃんの進退問題はまずなくなったな。余程の大失態か不運が重ならないかぎり、W杯予選の2位以内は固い。つまり協会の余程の英断がないかぎり、2010年は岡ちゃんで行くってことだ。
2010年本大会のことを考えると、オーストラリア戦ボロ負けしたほうがよかったかもなんて思うのは僕だけ?

そういうばヒディンクはチェルシーみたいだね。今後のチェルシーが楽しみだ。

All About←日本代表・Jリーグ おすすめコラム by戸塚啓
サッカー・ブログをもっと見る


posted by taku at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

オーストラリア戦、12年ぶりのしびれるホームゲーム

さて明日はW杯予選オーストラリア戦。
考えてみれば、国内で行われる日本代表の試合でこれだけ注目の試合は、2002W杯本大会を除けば、12年前の韓国戦以来になる。
予選は全部真剣勝負、大事じゃない試合なんかないなんてこという人もいるけど、そりゃ嘘だ。相手によって重要さが違うのは、少しでもサッカーを見てる人ならわかるよね。
要は、勝って当たり前じゃなく、力が拮抗してる相手との親善試合じゃない真剣勝負っていう意味の試合。しびれる試合ってヤツ。

12年前のW杯フランス大会予選、国立での韓国戦。ヤマが伝説のループを決め、そのあと逆転負けを喫した試合。悔しい試合だったが、最もしびれた試合だった。
2002年大会は予選がなかった。2006年の予選は、最大のライバルはイランだったが、イランとのホームゲームはW杯出場が決まったあとの言わば消化試合だった。

だから明日のオーストラリア戦は、あの韓国戦以来のしびれるホームゲームってことになる。
あしたは、久々に観戦じゃなく、サポートだな。

最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!


posted by taku at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンダルシア・ダービー、アウェイのベティス勝利

アンダルシア・ダービーを見た。
スペインのダービーの中でも最も熱いダービーといわれるアンダルシア・ダービー。
いつもことだけど、いい雰囲気だね。
試合は、ホームのセビージャが押し気味だったが、後半セビージャのドゥーシェルが2枚目をもらって退場した直後、ロングボール1本にうまく抜け出したセルヒオ・ガルシアが後ろからのボールをダイレクトで合わす。しっかりミートできなかったがそれが幸いしてゴール! その後オリベイラが追加点。ロスタイムにカヌーテが意地の1点を返すもタイムアップ。
ベティスがサンチェスピスファンで勝利を収めたのは、12年ぶりだそうだ。

セルヒオ・ガルシアのゴールのあと、ベティコが陣取るスタンドの一角が映し出されたが、正に狂喜乱舞だったね。

セビージャはこれでリーグ3連敗とちょっと心配。いいメンツなんだけどね。
ベティスはダービーでの勝利で、これから乗っていけるといいねぇ。

posted by taku at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

カターニャ森本、ユーベから1ゴール

カターニャvsユーベ。森本、同点ゴールを決めて、ユーベから勝ち点1を獲れるかと思ってみていたが、終了間際に失点して勝ち点0。ユーベはしぶといね。

森本のゴールは、味方のシュートをブッフォンが弾いたところをプッシュしたごっつぁんゴールだが、そこに入り込んでたことをほめるべきだね。
英語実況のネット中継で見てたんだが、森本の同点ゴール後は、「モリモート」って名前が一番多く出てきてたように思う。チャンスの多さと逆転ゴールへの期待の表れだったと思うが、残念ながら、その後何度もあったチャンスを一度も活かせなかった。その辺は物足りなさを感じずにはいられなかったかな。

でも森本は、ディフェンスがハードなイタリアでよくやってると思う。どこかのタイミングで代表に呼んでもいいんじゃない?

ブログランキングに参加してます。応援クリック感謝です!

posted by taku at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

ノースロンドンとアンダルシア・ダービー

今週末の大注目ゲームを挙げるとすれば、アンダルシア・ダービーとノースロンドン・ダービーかな。

アンダルシア・ダービー、セビージャvsベティスは昨夜の試合だが、まだ結果は知らない。WOWOWの初回放送は明日月曜の夕方だ。バルサ、レアルを優先しなきゃいけないのはわかるけど、アンダルシア・ダービーは生でやってほしかった。まだ試合結果は知らないので、コメントに結果書くとかの嫌がらせはやめてね。

ノースロンドン・ダービー、トテナムvsアーセナルは、このあと日本時間で22:30から。
リヴァプールから半年で出戻りとなったロビー・キーンはいきなり出場するんだろうか? また、ガナーズにやってきたアルシャビンは?

2つのダービーとも、チャンピオンズ圏内を争うチームと、降格圏をさまようチームの対戦。セビージャもガナーズも嫌いなチームじゃないんだが、今節はベティスとスパーズを応援したいところ。まあどっちのダービーもすごい熱い試合になるだろうね。楽しみだ。

【All About】専門家がガイドするテーマ別情報サイト

posted by taku at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

ヤット、フットボーラー・オブ・ザ・イヤー2008受賞

2008年のフットボーラー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀選手)にヤットが選ばれた。おめでとう!
フットボーラー・オブ・ザ・イヤーは、全国の新聞、通信社、テレビ、ラジオのサッカー担当記者による投票によって決められる賞で、1961年に創設。プロ、学生、女子などを問わずにシーズンで最も活躍した選手を表彰するもの、だそうだ。

ちなみに1961年の初の受賞者は、サッカー協会会長も務め、去年亡くなられた長沼健さん。
Jリーグ開幕以降の受賞者を挙げると;

1993 三浦知良
1994 ペレイラ
1995 ストイコビッチ
1996 川口能活
1997 中田英寿
1998 中山雅史
1999 沢登正朗
2000 中村俊輔
2001 柳沢敦
2002 藤田俊哉
2003 久保竜彦
2004 中澤佑二
2005 アラウージョ
2006 闘莉王
2007 鈴木啓太
2008 遠藤保仁

一番最近の連続受賞は1992、1993のカズ。
最多受賞は釜本邦茂の7回。これは圧倒的。

ヤットの受賞コメントがガンバのオフィシャルサイトに出てた。「来年もこの賞に選んでいただけるような活躍を目指して頑張りたい。」

賞を取るためにがんばるわけではないだろうが、コメントどおり、J開幕以降初の連続受賞となったとすれば、それは間違いなく日本のW杯予選突破に貢献したことになってるはず。そうなっていることを期待したいね。

All About←日本代表・Jリーグ おすすめコラム by戸塚啓
他の人気サッカー・ブログを探す

posted by taku at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マージーサイド・ダービー、エヴァートン劇的勝利

FAカップ4回戦、リヴァプールvsエヴァートンの再戦を見た。
211回目のマージーサイド・ダービー。これまでの対戦成績はリヴァプール81勝、エヴァートン65勝だそうだ。

4回戦、アンフィールドでの1戦目は1-1のドロー。そしてグディソンパークでの2戦目。
前半15分、ジェラードが負傷交代、75分にはルーカスが2枚目をもらって1人少なくなり、リヴァプールは劣勢になるも、90分はスコアレスで延長へ。リヴァプールがPKに持ち込めそうな気配が漂い出した118分、エヴァートンの決勝ゴールが生まれる。決めたのは弱冠19歳のゴスリング (GOSLING) 。
残り時間はわずか。こういうときジェラードがいればって感じなんだが、ジェラードは前半すでに負傷交代していて、そのまま終了。
エヴァートンがマージーサイド・ダービーを制しての5回戦進出となった。ゴスリングは生涯忘れられないゴールだろうね。

エヴァートンは今おもしろい。注目すべきチームだ。現在リーグでは6位でUEFAカップ圏内。好調の要因の1つ、ケイヒルが乗りに乗っていることは、日本人としてちょっと困ったことだね。この試合でも何度も決定機にからんでいた。空中で止まるような滞空時間の長いヘディングシュートも脅威だね。ゴスリングの決勝ゴールも、ケイヒルにディフェンダー2人が行ってしまって、裏のゴスリングがフリーになった結果。

このケイヒルを抑えるのは簡単じゃないね。願わくばマージーサイド・ダービーでの120分の激闘で心身ともに疲れ果てて来日してくれることを期待したいんだが、メンタル面も充実してるからなぁ...

JTB スタッフけんさくん☆プロ1500人に聞けるお勧め旅行のクチコミサイト!
最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!


posted by taku at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

3/28バーレーン戦チケット

W杯予選、オーストラリア戦の次の試合の大会概要が発表された。

ワールドカップ南アフリカ大会 アジア最終予選
日本vsバーレーン
日時:3月28日(土)19:20キックオフ予定
場所:埼玉スタジアム2002

そうなってほしくはないが、2/11の試合で、もし日本がオーストラリアから勝ち点3を奪えず、逆に同日タシケントで行われるウズベキスタンvsバーレーン戦でバーレーンが勝つようなことになると、3/28のバーレーン戦はのっぴきならない状況になる。

オーストラリア戦のチケットは、器の大きい横酷にもかかわらず早い段階で売り切れた。2/11の結果如何では、バーレーン戦のチケットも早々に売り切れる可能性が高い。
チケットの一般発売は2/14(土) からだけど、忘れず先行販売でおさえておかねば。

wcq_sch.jpg


posted by taku at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

宮間、ロスへ

澤につづいて宮間も女子米プロリーグ (WPS) 入りが決まったね。
宮間が移籍するのはLos Angeles SOL。入団会見では、球団のGMに「小さなベッカム」と紹介されたそうだ。背番号8をもらってるのも、期待の現れだね。
WPSでやるってことは、普段から、世界のトップレベルの、そして屈強な選手を相手にプレーするってこと。レベルアップは間違いないね。楽じゃないだろうけど、がんばってほしい。

そういえば、ガンちゃんはまだ決まんないのかな?

Los Angeles SOL:http://www.losangelessol.com/

サッカーを観に海外へ! JTBツアー、航空券、ホテル、現地オプショナルツアー
posted by taku at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィンランド戦、快勝に喜んではいられない

JPN vs FIN
フィンランド戦を観に行ってきた。
前日だかに、前売りが23000枚しか売れてないというニュースを目にしたが、観客数は34532人。結構入ったね。
国立の代表戦での定番席、ゴール裏(安席)アウェイ側、バックスタンド寄りコーナー付近の上段に座ったが、アウェイ側はスカスカ。でもホーム側はぎっしりとは言わないまでも、だいたい埋まってたね。
スパサカで国立特集を組んだり、番宣に力を入れた成果かな? 来場者に青い手袋プレゼントってのも案外よかったのかもね? 代表戦で配られる青いシートとかの応援グッズって、そのときだけで、あと使い道ないもの多いけど、手袋なら試合後も使えるもんね。

さて試合だが、フィンランドは1.5軍、いや2軍と言っていいだろうね。一番有名な選手は10番でキャプテンのヤリ・リトマネンだが、そのリトマネンも予選などの真剣勝負にはスタメンで出る選手じゃない。リトマネン以外の選手は世界的にはほとんど無名の選手ばかり。まあ国際マッチデイじゃないからしょうがないけどね。
メンバーだけでなく、きっとこのチームではろくにコンビネーションも合わせてないんだろう、連携面もお粗末なチームだった。
このフィンランドに快勝したからって、安心しちゃいけないのは、普段からちゃんとサッカー見てる人はわかるよね。

収穫としては、怪我明けで試合にしばらく出てないトゥーリオ、ヤット(遠藤)が、オーストラリア戦前に実戦をやれたこと。ハッシー(橋本)が悪くなかったこと、憲剛の2列目での起用もうまく機能したこと、そして岡崎が自信をつけたことかな。それとチームの雰囲気はよくなっただろうね。あと一般的なファンの盛り上がりとか。
都築は残念ながらチャンスをものにできなかったね。

さて、オーストラリア戦は一週間後。俊輔以外の欧州組は直前の合流になりそうだから、もしかしたら単純に欧州組がスタメンに取って代わるってふうにはならないかもね?
問題はGKだけど、今更どうあがいてもしょうがない。早いタイミングで都築か川島かどちらで行くかを決めて、連携煮詰めたほうがよいと思う。
posted by taku at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

ロビー・キーン、スパーズに復帰

ロビー・キーンがスパーズに復帰かぁ。
ロビー本人が大好きだったリヴァプールでの成功を願ってたんだが、残念だけどうまく機能しなかったから、仕方ないかな。
トテナムとしては、25億で売って15億で買い戻したってことで、いい商売をしたね。でもその分、前半戦とても苦しんだとも言えるのかも?
ロビーはスパーズでまたきっと暴れてくれることだろう。側転からでんぐり返しが見れるはず。
おっと復帰後の最初の試合がいきなりノースロンドン・ダービーじゃん! こりゃ楽しみだ。
[旅のノウハウ]All About
サッカー・ブログをもっと見る
posted by taku at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

日本代表に千羽鶴?

2月11日(水) のワールドカップ予選、対オーストラリア戦に向け、サポーターの想いを千羽鶴に託すという企画がサポーター発案で実施されてるそうだが、これ間違ってるよね。大きな勘違いだ。
「千羽鶴」ってさあ、病気や怪我の回復を願って折るもので、それ以外の願い事のためにやることじゃないよ。
それに千羽鶴とかベンチにさがってたり、選手スタッフの目にふれたりすると悲壮感漂って、きっと余計マイナスにはたらくよね。
今回はもう動きだしてるからもう止められないだろうけど、次からやめていただきたい。千羽鶴以外のなんか別のことにして。

もし今回の発案者が「日本代表は今病気だ!」っていう主旨でやってるなら大いに賛同だけど(笑)。
でもそれってすげえイヤミだよね。

All About←放映がなかったバーレーン戦現地レポート by戸塚啓

posted by taku at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベッカム効果? ミラン2位浮上

セリエAは、ミランがラツィオに勝ち、ユーヴェがカリャーリに敗れたことで、ミランが2位に浮上。
首位インテルもトリノに1-1ドローで、ミランとの差は勝ち点6に。

ミランはベッカムが移籍してきて、よくなったのかな?
ベッカムなんか取ってどうすんのなんて思ってたけど、結果出してるね。ラツィオ戦も2アシストだそうだ。
ベッカムが入って、ミランはいい雰囲気なのかな? それより、なぜかライバルが悪くなってるって感じ?

まあなんでもいいから、この調子でインテルを捕まえてほしいな。
2/15のミラノ・ダービーが今から楽しみになってきた。



サッカーを観に海外へ! JTBツアー、航空券、ホテル、現地オプショナルツアー
posted by taku at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。