2009年03月31日

町田ゼルビアのマスコット決定

町田ゼルビアのマスコットが決まったようだ。
やっぱりというか、一番真っ当な「カワセミ」キャラに落ち着いた。これ以外が選ばれてたらお笑いだよね。どうやら悪意のある組織票とかはなかったようだ。
マスコットの名前は「ゼルビー」。ベタだけど、わかりやすくていいか。

これで、町田の「花」と町田の「樹」からの造語であるチーム名に加え、町田の「鳥」がチームマスコットとなった。なかなかよくできた話って感じ?

マスコットのほうはうまくいったが、肝心のチームのほうは、昨シーズンまでの地域リーグのように連戦連勝とはいかず、JFLを洗礼を受けてる。
開幕戦、アウェイでいきなり勝利スタートとなったが、2節ホーム開幕戦は北九州に完敗。
3節もソニー仙台に敗れ、1勝2敗。さて次節ホームで初勝利となるかってとこだね。次節はFC刈谷戦、4/5(日) 13:00キックオフ、町田野津田競技場。

FC町田ゼルビアのマスコットキャラクター決定

posted by taku at 23:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 国内 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

バーレーン戦1-0勝利!

バーレーン戦を観戦して来た。

20090328_jpa-bah_gol.jpg

この俊輔のFKで(ラッキーもあったが)、後半立ち上がりのいい時間帯に先制。この1点を守りきって、最終予選ホーム初勝利。まあよかったね。
できれば、もうちょっと楽に、危なげなく勝ってほしいとこだけど。
そうできるチャンスはたくさんあった。特に得点を奪ってからの10分間ほどは、バーレーンが攻めて来たこともあって、日本の決定機も次々とおとずれた。でも追加点は生まれず。決定不足、聞き飽きた言葉だが、ゴール前でなんでそこまで慌てちゃうかな? 特にウッチー!

結局1-0のまま終盤へ。1点差ってのは何が起こるかわかんないからね。
終盤、日本は相手サイドのコーナー付近でキープする時間稼ぎもやったが、日本は時間稼ぎもあまりうまくないよね。FKやスローイン、ゴールキックも、もうちょっと時間をかければいいのに、すぐ始めてしまう。イエローもらうのが嫌なんだろうけど、時間の使い方がみんな下手だ。見てて見苦しいほどの、いわゆる「中東戦法」ほどやれとはいわないが、もうちょっとしたたかに時間稼ぎくらいはやってほしいね。それによって時計を進めるだけでなく、相手をもっとイライラさせることにもなるんだし。

そう感じたのは、いま戸塚啓の「マリーシア」を読んでるから余計かな? 最初、今さらマリーシア?とも思ったが、いやなかなかどうして、日本ももっとしたたかになったほうがいいと思わせるおもしろい本だ。読んでみる価値あると思うよ。

-----
2010南アW杯アジア最終予選 第5戦
2009/03/28 埼玉スタジアム2002
日本 1-0 バーレーン

マリーシア “駆け引き”が日本のサッカーを強くする 戸塚啓著



posted by taku at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

楢崎はバーレーン戦全勝

あした、バーレーン戦だ。1年で5度目の対戦で、最近4試合は2勝2敗の五分の星とマスコミが騒いでる。まあ騒いでくれるのは盛り上がっていいんだけど。
まあ明日はGKが楢崎だから大丈夫だね。バーレーン戦の2敗はGKが能活と川島だった。ナラっちはバーレーン戦3戦全勝。明日も連勝伸ばしてくれるはず。マナマでのアウェイ戦では2失点してるから、明日は完封でよろしく!

posted by taku at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

バルサ祭

バルサvsマラガ、バルサのフィエスタになったね。
チャビのゴールから始まって、メッシ、アンリ、エトー、ダニ・アウベス、エトーで6-0。
圧巻は2点目のメッシ。
タッチライン際でチャビからの浮き球パスを肩のトラップでまず1人はずし、そのままゴールに向かって高回転ドリブル開始。ゴール前で2人かわしてゴール。
もう笑うしかない。スゴ過ぎ。

マラガが好調だったから、こんな一方的な試合になるとは思わなかった。マラガはディフェンスゆるすぎ。特にチャビを自由にさせすぎたね。
マラガは、次のマドリー戦でもまた大敗しないように、2週間で気持ちを切り替えないと一気に順位下がっちゃうかもね。

【All About】専門家がガイドするテーマ別情報サイト
最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!

posted by taku at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

Jリーグ通算入場者数 1億人達成

Jリーグの通算入場者数が、1億人を越えたそうだ。
1992年のナビスコカップから数えて18年目での1億人。7,981試合で、1試合の平均入場者数は12,493人。

うちはこの1億人にどれくらい貢献したのかな?
J開幕直後の93年94年あたりは見たくてもチケットが手に入らなくて、なかなか見れなかった。年に数試合ってとこだろうね。その後人気が落ち着いて、95年くらいからはフリューゲルスのホームゲームはほとんど、近場のアウェイもだいたい行ってた。でもフリューゲルスがなくなってからはJへの貢献度は下がったね。フリューゲルスOB選手が出る試合で、近場で開催される試合をあちこち見てたが、それもだんだん減り、ここ数年は年に数試合程度ってとこ。J以外に代表や天皇杯、JFLも見てるけど、それはこの1億人には勘定されてないしね。
Jだけだと、トータルで200試合くらい? 相方と2人で、1億分の400人ってとこかな?

All About←日本代表・Jリーグ おすすめコラム by戸塚啓
posted by taku at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

アトレティコvsビジャレアル やはり点の取り合い

リーガ、アトレティコvsビジャレアルを見た。このカードは点の取り合いのイメージが強いが、やはりというか、このゲームも点の取り合いで、すっげぇおもしろいゲームになった。

開始早々アトレティコがPKを獲得するが、フォルランのPKはディエゴ・ロペスが完璧にセーブ。
アトレティコはチャンスを創り続けるが、PKストップで乗ったディエゴ・ロペスが好セーブ連発で前半無失点。逆にビジャレアルはカウンターを決めて0-1で前半終了。
迎えた52分ビジャレアル、サンティ・カソルラ、カニ、ロッシで中央から崩してカニが2点目。0-2。
ところがその直後、フォルランのミドルがポストにはね返り、詰めたアグエロが押し込み1-2。
その後、シマオ(シモン)へのファールでハビ・ベンタが60分、65分と立て続けにイエローをもらいビジャレアルは10人に。ここからアトレティコが猛攻。耐えていたビジャレアルだったが、80分、立ち上がりのPKを始め、ディエゴ・ロペスに止められつづけてたフォルランが、マクシからのやさしいマイナスの落としを冷静にゴールを突き刺す。2-2。
84分、アトレティコは勢いのまま、CKからアントニオ・ロペスがヘッドで決める。3-2逆転。
その後幾度もアトレティコは追加点のチャンスを迎えるが決めきれず。そうこうしてるうちに、ロスタイム、危険な位置でFKを与え、またまた終了間際に失点して、勝ち点を失うのかと心配したが、なんとか凌いで3-2のまま終了。

アトレティコが勝ったってのもあるけど、すげぇ楽しめた。
それにしてもアトレティコは本当楽しませてくれるねぇ。ダメなところがあるから、余計応援したくなるのかなぁ? ダメな子ほどカワイイみたいなもん?

-----
2009/03/15 Sun ビセンテ・カルデロン
アトレティコ・マドリー 3-2 ビジャレアル


posted by taku at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

アウスタ?

週末のJの予定を見ていたら、「アウスタ」という見慣れないスタジアムが。
清水のホームゲームだから日本平がネーミングライツってやつで、企業名が付いたとこととわかったが、「アウ」って何だろ? 「アウ・・・」。これまでエスパルス関連の企業で・・・、または静岡の企業で・・・。んーまったく思いつかないな。

でネットで辿ると、正式名「アウトソーシングスタジアム日本平」だそうだ。
会社名が「アウトソーシング」なんだね。

ネーミングライツはスタジアムの持ち主(日本の場合は主に自治体かな?)にお金が入って、まあ好いことだとは思うんだけど、スタジアム名、特に短縮形だけ見聞きしたとき、どこだかわかんなくて困るんだよねえ。なんかもうちょっとなんとかならんかな?

J's Goal スタジアムガイド:http://www.jsgoal.jp/stadium/
株式会社アウトソーシング:http://www.outsourcing.co.jp/

posted by taku at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

トンマージ

ACL第1節2日目、フロンターレと対戦した天津にはトンマージがいるじゃないか! 
試合中トンマージをずっと見てしまった。おもしろい! 何がおもしろいって、まず走らない。多くの時間歩いてる。さぼってるわけじゃない。走るべきときはもちろん走るしダッシュもする。が、走らなくていいときは、絶対に無駄に走ったりしない。賢い。

天津のシステムは中盤がダイアモンドの4-4-2。トンマージは中盤の底。4列表記するなら4-[1]-3-2の[1]の位置。日本風にいうと1ボランチの位置(トンマージの役割的にはボランチじゃなくディフェンシブ・ハーフと呼ぶべきだけど、面倒くさいのでここはボランチってことで)。

Jで1ボランチなんてやったら、きっと90分間通して走りまくらないと勤まらないだろうね。
でもトンマージはそんなに走り回らなくても、ゲームを読む目と、少しのポジション修正、そして走るべきときだけ走ることで、ボランチが勤まることを示してくれたんじゃないかな。まあ試合に負けたから評価できないって意見もあると思うけど、トンマージがいなかったら天津はもっとバタバタして、川崎はもっと楽に勝てたんじゃないかと思う。

トンマージくらいの選手を天津が取れるんだから、ちょっとJのチームもがんばってほしいよね。間違いなくチームの力になる選手でおまけに客も呼べる選手取ろうよ!

-----
2009/03/11 等々力
川崎フロンターレ 1-0 天津泰達

2009/03/11 水原
水原三星 4-1 鹿島アントラーズ


posted by taku at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

ACL開幕 ウルサンもったいない

Jに続いてACLも開幕。
ガンバはホームに中国の山東魯能(シャンドン・ルーノン)を迎え、グランパスはアウェイで蔚山現代(ウルサン・ヒュンデ)戦を戦った。

ガンバは、出来自体は最高に良いってわけではないんだが、それでも終わってみれば3-0の完勝。山東は、相手がディフェンディングチャンピオンてことで敬意を払い過ぎたのかな?
ガンバはもうちょっとチョ・ジェジンをうまく使ったほうがいいよ。しばらくターゲットになるようなCFWがいなかったから、使い方わかんないんじゃない? 3点目の佐々木のゴールにつながった、ヤット(遠藤)がチョ・ジェジンの頭めがけて送ったクロスのようなボールもっと使っていいと思うな。チョ・ジェジンにマークがついてて、シュートできなくても、こぼれ球は大きなチャンスになる可能性大。実際きょうも佐々木のスーパーゴールにつながったしね。その辺ヤットはわかってるよね。さすが。

グランパスは、J開幕戦同様1失点後3点取って逆転勝利。ハーフタイムにピクシーが魔法でも使うのかな?
ウケたのはマギヌンのゴールパフォーマンス。あれ何? マギヌンのゴールパフォーマンスはフロンターレ時代から珍妙でおもしろいんだが。

それにしてもウルサンは観客入ってなかったね。昔、日本でもアジアのカップ戦はぜんぜん人入んなかったけど、それ思い出したよ。
ウルサンは、2002年にW杯でおとずれたが、最高に見やすいスタジアムだった。専用で、客席からピッチも近く、傾斜も急。日本のどのスタジアムもかなわない。それなのにガラガラ。もったいない。あんなスタジアム、日本にほしい。

-----
2009/03/10 万博
G大阪 3-0 山東魯能

2009/03/10 蔚山
蔚山現代 1-3 名古屋グランパス

サッカーを観に海外へ! JTBツアー、航空券、ホテル、現地オプショナルツアー
posted by taku at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

J2昇格組3チームは無得点

J開幕戦、J1に昇格した2チーム、広島と山形は大量得点でこの上ないいいスタートを切ったけど、J2に昇格した3チームはどうだったか?
栃木SCは岐阜に0-1の敗戦。カターレ富山とファジアーノ岡山はどちらもスコアレスドロー。富山と岡山は、初戦にして記念すべきJ初勝ち点を上げることができたが、3チームとも無得点。記念すべきJ初ゴールはおあずけってことだね。
でも3チームとも大敗はしなかったとも言える。ある程度やれるって自信になったかもね。
早く初得点、そして初勝利が上げられるといいね。

-----
2009/3/7Sat アビスパ福岡 0-0 カターレ富山
2009/3/8Sun 栃木SC 0-1 FC岐阜
2009/3/8Sun ファジアーノ岡山 0-0 ヴァンフォーレ甲府


posted by taku at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マドリー・ダービー

マドリー・ダービーを見た。
前半アトレティコが超速カウンターからフォルランのゴールで先制したが、後半フンテラールが決めて、結果は1-1ドロー。フンテラールのゴールは、リプレイを見るとオフサイドだったけどね。
1-1になった後、両チームともに決定機はあったけど、アトレティコの方がたくさんはずしたね。アトレティコは勝てた試合だったと思うけど、後半途中からは疲れで明らかに動けなくなってた。決定機はずしつづけたのも疲れが大きそう。
やっぱバルサ、レアルの連戦は厳しいよね。おまけにチャンピオンズもあるしね。

それでも敵地サンチャゴ・ベルナベウで勝ち点1を取ったのは大きいのかな? 試合後のアトレティコの選手たちはそれなりに満足そうだった。何度も言っちゃうけど勝てたと思うけどね。

----------
2009/03/07 サンチャゴ・ベルナベウ
レアル・マドリー 1-1 アトレティコ・マドリー
33分 フォルラン 0-1
57分 フンテラール 1-1

サッカー・ブログをもっと見る
All About←ワールドサッカー ガイド:斉藤健仁


posted by taku at 20:41| Comment(0) | TrackBack(1) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サプライズ、モンテディオ

J開幕。一番のサプライズはモンテディオだね。
サンフレッチェはマリノスに2-4で勝って、きょう一番のサプライズだろうなんて思ったんじゃないかな? モンテディオは完璧その上いっちゃったからね。
J1初挑戦の初戦で、ジュビロ相手にアウェイで2-6!
6点はモンテサポでも予想した人いないんじゃない?
モンテディオは暫定首位。次節ホーム開幕戦はすごい熱気かもね。
でもまああんまり期待しすぎるのもね。山形のゴール前での落ち着きはすごいなと思ったけど、それよりきょうはズビロの集中が切れちゃったのが大量得点の一番の要因って思った方がいい。
次節はグランパスか。代表GKを連続で一泡吹かせられたら本物かもね?

最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!
All About←日本代表・Jリーグ おすすめコラム by戸塚啓

posted by taku at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

Jリーグタイム、枦山南美から山岸舞彩へ

おおっ!Jリーグタイム、枦山南美じゃなくなった!
こんどは、「やまぎし まい」って娘。なかなか美人で、しゃべりも今んとこ無難でいいんじゃねぇ。
検索すると、名前は「山岸 舞彩」で「やまぎし まい」と読むらしい。

山岸舞彩オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/yamagishi-mai/

とりあえず痛かったり寒かったり、見てる方が恥ずかしくなるようなことからは逃れられそうだえかったえかった。
それにしてもやっぱ石山愛子はよかったなぁ。つくづく思っちゃうな。

石山愛子オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/ishiyama-aiko/

posted by taku at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

反さんのひげ

今シーズン、ベルマーレを指揮することに反さん。北京オリンピックのことなど、いままであんまり語らなかったようなことまで、FOOT!でいろいろ語ってくれたが、ヒゲが気になって話を集中して聞けなかった。右口元のヒゲはまちがって剃り落としちゃったの? それともそういうふうなひげなの?

FOOT!初登場のヤマが襟足延ばしてるのといい、ちいとおもしろいものが見れたFOOT!のJ開幕特集だった。


posted by taku at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

アトレティコvsバルサ

アトレティコvsバルサを見た。すっげぇおもしれぇ試合だった。
アンリのゴラッソーなゴールとメッシの高速ドリブルからの華麗なゴールで、前半に0-2になってしまったときには終わったかと思ったが、フォルランのゴラッソーなミドルと、相手のミスを見逃さないアグエロのゴールで同点。しかしDFラインのギャップを簡単に突かれてアンリに勝ち越し点を献上。今までのアトレティコならこれで終わりだったんだろうけど、この日は違ったね。3失点も2得点してるせいかビセンテ・カルデロンのボルテージはアップしたまま。そのボルテージに後押しされてPKをもぎ取り、これをフォルランがゲット。3-3。
そして最後はまたクン・アグエロ。思い描いた通りのゴールではないはずだが、ボールが相手に当たろうがなんだろうが自分の前にこぼれてきたらねじ込む。力強さというかタフさというか、アルゼンチンぽいというか。メッシの華麗なゴールとはちょっとちがうんだな。アルゼンチン国内での人気はメッシ<アグエロってのがわかる気もする。

バルサは急失速だね。ベティスに引き分け、エスパニョール、アトレティコに連敗。
ベティスにはオリベイラとセルヒオ・ガルシアにやられ、エスパニョールにはデ・ラ・ペーニャにやられた。そしてアトレティコにはフォルランとアグエロに。
バルサは対戦チームのキープレイヤーを調子づかせてしまうチームになってるかもね。
2位マドリーは10連勝で勝ち点4差まで迫ってきた。リーグタイトル争いの面では面白くなったっていえるけどね。

それにしてもアトレティコは本当魅力的なチームだね。ビセンテ・カルデロンは今一番行ってみたいスタジアムかも。ビセンテ・カルデロンで「クンクンクンクン・・・」って叫んでみたい。
posted by taku at 18:26| Comment(0) | TrackBack(1) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。