2009年04月22日

FAカップとACL

The FAカップ準決勝マンU vs エヴァートン、ACL スリウィジャヤ vs ガンバ、フロンターレ vs セントラルコーストの試合を観た。

マンU vs エヴァートン。すごい試合だったね。
録画で観てても、思わず大声を何回も上げてしまったよ。
限界近くまで疲労してるはずなのに、気の抜けたプレーや凡ミスは少なく、ハラハラドキドキ感いっぱいの試合。
試合は延長PKの末、エヴァートンがマンUを退け、決勝進出。
エヴァトニアンといわれるサポーターのパワーもずごくて、ウェンブリーを最高の雰囲気にしてた。
見終わったあとは、いいもの見せてもらったって感じで、すごい満足感。

一転、ACLの2試合。
ガンバ、フロンターレともに勝利を収め、しかもリーグ勝ち抜けを決めた試合になったんだが、マンU vs エヴァートン戦とは大違いで、見終わったあとのこのモヤモヤ感は何なんだろう。
もちろんレベルの違いはわかった上でだが、なんで日本代表もJのチームも、観る者、応援する者が満足できるような試合がなかなかできないのかな?

All About←日本代表・Jリーグ おすすめコラム by戸塚啓
All About [旅の便利・お得情報]

posted by taku at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。