2009年10月20日

サンダランドvsリヴァプール

サンダランドvsリヴァプール、1-0でサンダランド。サンダランドのゴールは、サンダランド・ファンに配られた赤い風船がピッチに入って、その風船にシュートが当りコースが変わって決まった。リヴァプールにとっては不運としか言えないゴールだったが、この失点より無得点の方が問題だろうね。ジェラードとフェルナンド・トーレスがいなかったっていうのはあったとしても。

でもリヴァプールが悪いだけじゃないかもね。サンダランドは前節オールドトラッフォードでロスタイムまで1-2でマンUをリードしてた。ロスタイムにオウンゴールで追いつかれ大金星を逃したわけだが、ビッグ4に渡り合える実力があるってことだよね。それが証拠にサンダランドは現在勝ち点16で7位。なんとリヴァプールの上にいる。サンダランドの今後の快進撃に期待。

一方リヴァプール、ベニテスの解任あるかもね。

JTBの海外現地ツアー

posted by taku at 00:53| Comment(1) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
赤い風船はサンダランドじゃなく、リヴァプール・ファンが投げ込んだリヴァプールのビーチボールだったそうだ。
なら、自業自得か。
でも投げ込んだ16歳の少年はめっちゃ落ち込んでるそうだ。こんな大事になるとは思ってなかったんだろうね。ちょっとかわいそう。
Posted by taku at 2009年10月25日 23:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130702875
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。