2006年05月08日

W杯チケット5次販売

5月1日から、W杯チケットの5次販売がスタートしてる。
5次販売はネットの先着順販売。チケットは何時出るかわからないので、パソコンに張り付いてないいけない。出たら出たでチケット購入に辿り着くか、欲しいチケが売り切れるまで、延々リトライの繰り返し。
GW期間中、パソコンに向かえる時間のほとんどはFIFAのチケットセンター・サイトを開いてた感じだ。

でも最初はまったく取れそうになくて、オークションやチケットブローカーのメッチャ高価なチケットに手を出そうかとも考えた。

で、まずヤフオクで相場チェックしたりしてたが、オークションで入手すると、やはり名義の問題が不安。
2002年、組織委員会は名義チェックすると言ってたが結局まったくなし。でも前回なかったからと言って今回もないとは言い切れない。
チケットには観戦者名のみが記入されているだけで、性別、国籍、パスポートナンバーは記載されていない。名前がちょっと違うくらいならなんとでもごまかせるなんて意見もあるみたいだが、今回のチケットには個人データが入ったチップが内蔵されてるんだとか。スタジアムのゲートでリーダーを準備されてチェックされれば、別人であることは一発で判明してしまう。
大会前や大会開催中に、テロの危険性やフーリガンの問題が出たりしたら、チェックが厳しくなることは十分考えられる。増して今回は世界で最もルールを守ることには厳しい国、ドイツということも忘れない方がいい。
てなわけで、他人名義のチケットに手を出すのはちょっと様子見。

もうひとつ、チケットブローカーから買う手がある。もちろんチケットの値段はバカ高い。
例えば、FIFAの通常販売で買えば、1枚100ユーロのグループリーグ・カテ1チケが、日本vsブラジル戦で1250ユーロもする。約175000円。2人で35万円。自分名義のチケにはなるが、ハイそうですかと迷わず出せる金額でもない。

どうするか思案しつつも、5次販売でチケットがたびたび出てくるので、とりあえずトライしつづける。するとだんだん要領を得てきて、そしてついにチケットをゲットするまでに至った。
結局、5次販売、今日までのところで2試合ゲット! コートジボアールvsセルビアモンテネグロ戦と決勝トーナメント1回戦・E組1位 vs F組2位の試合。F組2位は日本の可能性ありだ!

今後もっと大量にチケットが出てくるか、はたまた今後はぜんぜん出てこなくなってしまうのかは、僕らにはわからない。でもたった1週間で何度もチケットが出てきてるんだから、これからも出てくると考えてもいいんじゃないかな?
つうことで、さらなるチケットゲットを果たすべく、これからもパソコンに張り付く時間がつづくことになりそうだ。

最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!
posted by taku at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | W杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。