2007年03月26日

ペルー戦

ペルー戦を観に横酷へ行ってきた。
200703_jpn-per.jpg

結果的には俊輔のFK2本が得点に結びつき、ゴールしたのも高原と巻。ヨーロッパから招集した2人が結果を出したとも言えるし、FWがしっかり点を取ったとも言える。
スポーツ紙やテレビのスポーツニュースにとっては、ノー天気に騒げる本当報道しやすい結果になったね。

でも相手のペルーは主力5人を欠く1.5軍。しかも監督は就任したばかりで、このゲームが初采配。
どちらかというと、そんな相手にFKからの2得点止まりって言った方がいいんじゃないかな?
得点はともかく、オシムジャパンの目指す方向性での「進歩」のようなものがもうちょっと見えれば、大混雑の中、駅までの足取りももうちょっと軽かったかもね? 勝ったのになんだかスッキリ感のない試合だった。

日本はペナルティエリアの近くまではボールを運べるんだが、その回数に対して、ゴールを脅かすところまでいく回数がとても少ない印象。
つまり決定機を創出するためのチームとしてのアイデアが乏しいというか、とにかく連携で崩しきることができなかった。

俊輔と高原が初合流だったということで、合わせる時間が少なく、連携がでうまくいかないっていうのはあったのかもしれない。
でもその俊輔と高原がしっかり結果を残した。それはやっぱり彼らの個人のレベルが高いってことなんだろうけど。

まあ、悪い面ばかりでもない。
選手のポジションチェンジやカバーリングはとてもスムースになってきたんじゃないかと思う。
ある選手が自分の持ち場を離れて違うポジション取りをしたとき、別の選手がそのスペースを埋めたり、流動的にポジションを換えたりするのが、ぎくしゃくせずスムースにいくようになってたんじゃないかな。ただペルー戦では、その流動性やポリバレント性がなかなか効果的な攻撃に活かせなかった。

次のレベルではその流動性やポリバレント性を、積極的な攻撃につなげられるよう、各選手が考え、また話し合ったりして、改善していってほしいと思う。またオシムにはそれを引き出す指導を期待したい。

ペルー戦ついて、他のサッカー・ブログも見てみる

posted by taku at 23:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして^^ 私のブログで こちらのブログを紹介させて頂きましたので ご連絡させて頂きました。

紹介記事は http://blog.livedoor.jp/mvp9/archives/53544153.html です。
これからもよろしくお願いいたします^^
Posted by 日本代表 at 2007年03月31日 19:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37032243

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。