2011年02月12日

W杯の優勝国はすべて自国の監督に率いられていた

山本昌邦・戸塚啓「世界基準サッカーの戦術と技術」を読み始めた。
その本のカバーに、「W杯の優勝国はすべて自国の監督に率いられていた」という記述があり、へぇーっと思った。
そして思い返してみる。2010南アはスペインが優勝で監督はデルボスケ。2006はリッピ・イタリア。2002はフェリポンか。1998フランスはだれだっけ? 1994はパヘイラだったよね。それ以前は。。。 ぜんぜん思い浮かばないので調べてみた。

2010 スペイン デル・ボスケ
2006 イタリア リッピ
2002 ブラジル フェリポン
1998 フランス エメ・ジャケ
1994 ブラジル パレイラ
1990 西ドイツ ベッケンバウアー
1986 アルゼンチン ビラルド
1982 イタリア ベアルツォット
1978 アルゼンチン メノッティー
1974 西ドイツ シェーン
1970 ブラジル ザガロ
1966 イングランド ラムゼイ
1962 ブラジル Moreira
1958 ブラジル Feola
1954 西ドイツ Herberger
1950 ウルグアイ Juan Lopez
1938 イタリア Pozzo
1934 イタリア Pozzo
1930 ウルグアイ Alberto Suppici

ビラルド、メノッティー、ザガロは今でもサッカーニュースに登場するのでなじみがあるが、1982ベアルツォット、1974シェーン、それから1966のラムゼイ以前はまったく聞いたこともない。

ま、とりあえず、タイトルどおり、「W杯の優勝国はすべて自国の監督に率いられていた」ってことなんだね。

だからと言って日本代表監督は日本人でとはまったく思わない、現段階では。
世界で戦える日本人選手は出始めているが、残念ながら世界基準の日本人指導者はまだ1人もいないと言っていいと思う。
選手同様、指導者も欧州で経験を積まないとダメなんじゃない? 短期間の研修のような「お客さん」ではなく、少なくともコーチとしてチームに入り、戦う経験が必要だと思う。

posted by taku at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | W杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

W杯南ア大会開幕まで500日

2010W杯南アフリカ大会開幕まで、きょうで500日か。
500日っていうと近づいてきたって感じするな。
どうやら南アで本当にやることになりそうだし。
たぶん行くと思うけど、やっぱちょっと恐い。フランスやドイツみたいに、フリーであちこち観戦に行ったり、観光したりするのは、勇気がいるな。今回はツアーで団体行動かな?

サッカーを観に海外へ! JTB ツアー、航空券、ホテル、現地オプショナルツアー
posted by taku at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | W杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

人格者ジダン?

人格者のジダンがあんな頭突きをお見舞いするなんて、あのイタリア人はよっぽど卑劣なことを言ったに違いない!って風潮がちょっといやだな。
たしかにジダンは世界中のだれも真似できないような凄いプレーでサッカーファンを魅了してくれるが、だからといって崇め奉るのはどうかな? 悪いことは悪いんだよ。
それに普段からサッカーをあまり見てない人やマスコミは、ジダンのああいう面をあまり知らないんだろうな。
ジダンが一発レッドでピッチをあとにすることは、別にめずらしいことじゃない。
フランス98でもサウジの選手を踏み付けて複数試合の出場停止になっていた。もともとジダンは切れる選手なのさ。
それを知っていたマテラッツィーの作戦に、まんまとジダンがはまったってことじゃないかな。
でもマテラッツィーが使ったと思われる言葉の暴力はサッカーのダークな部分だろう。たしかに褒められたことではないが、どっちが悪い行為かといえば、圧倒的にジダンの行為が悪い。
マテラッツィーを悪者に仕立て上げて、ジダンを擁護しよう的な風潮は、フランスならあたりまえだが、日本でもそういう風潮なのがとってもいやだ。僕はマテラッツィーの肩を持ちたいな。
posted by taku at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | W杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

W杯もあと3決と決勝を残すのみ

気が付けば約2か月更新が滞っていた。W杯もあと3決と決勝を残すのみ。
GWくらいから、W杯のチケ取りと旅行の準備で、ブログの方はおろそかになっていて、そしてそのまま、6/20にドイツへ向け出発。ドイツでは移動、観戦、ビール、移動、観戦、ワイン、移動、観戦、ビール…というような嵐のような毎日。29日に帰国して、旅の疲れでちょっと体調不良気味だが、ようやく落ち着いたので、これから追々観戦記をアップして行こうと思っている。
観戦記といっても、自分達の旅のメモ程度のものなので読んでもらっておもしろいかどうかは?マークだけど、まあおつきあいいただければと思う。また更新日付は、ブログにアップした日ではなく、旅行中の日付にするので、さかのぼって見てください。

人気ブログランキング クリックお願いします
posted by taku at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | W杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

ドイツ2日目 その1

ドイツ2日目。ドイツ初日は結局試合観戦できなかったので、今日が初観戦となる。初観戦が日本vsブラジル戦。いきなり「W杯を楽しもう」なんて言ってられない試合になった。

腹が減っては…

昨日泊まったスキポールのホテル・イビスは朝食付きじゃなかったが、エッセンで2泊するホテルは朝食付き。
昼夜の食事がどうなるかわからないので、朝食はしっかり喰っておかないと。
と言っても食材は限られてる。固いパンに、ハム、ベーコン、チーズ。生野菜は少なく、野菜の類いはピクルスかゼリー寄せといったところ。
ハムとチーズは種類が豊富。どちらも5種類くらい用意されていて、だいたいおいしい。
パンに塗ったりするジャムもたくさんの種類が用意されてて、飽きなそうだ。
野菜が少ない分、シリアルやヨーグルト、フルーツもいろいろ喰っておこう。

続きを読む
posted by taku at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | W杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

メヒコ、メヒコ、メヒコ…

雨のスキポール

ホテル出る時初めて雨に気付いた。スキポールは雨に煙っていた。
ドイツの天気はどうなんだろうとちょっと心配になる。数百キロ離れてるからきっと大丈夫とどこか楽観的な考えが頭を支配してる。
これから言葉の通じない人達や百戦錬磨のダフ屋とチケット交渉しなきゃいけないという厄介事が待っているのに、おまけに雨なんていう状況を想像するのを頭が拒んでいるらしい。

朝6:20、まずホテルの送迎バスでまたスキポール空港へ。
スキポール空港から鉄道でアムステルダム中央駅へ向かうが、切符の買い方がわからない。
見つけた券売機はクレジットカード専用のもの。もたもたしながら試みるも何がいけないのか切符が買えない。
相方がインフォメーションに現金で買えないか聞きに行く。
僕は同じ機械で再度クレカでトライ。今度はちゃんと買えた。さっきはもたついて時間がかかりすぎ、どうやらタイムアウトになったらしい。

7:00すぎの普通列車でアムステルダム中央駅へ。車内はガラガラ。20分ほどでアムステルダム中央駅到着。
ここから予約してある特急電車ICEでドイツ、デュイスブルグまで行く。

朝飯を喰ってなかったので、ホームのキオスクでコーヒーを買い、飛行機でもらってきたパンやビスケットを喰う。
昨夜腹をこわして、まだいまいち食欲がないというか、食べるとぶり返しそうで食べるのが恐い。

続きを読む
posted by taku at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | W杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

ドイツへ向け出発

朝8時前、相方共々家を出て、お隣に留守にする旨あいさつに行く。「旅行で28日まで留守にしますので…」と言ったら、即「ドイツ?」 と言い当てられてしまった。サカバカというのはばれてたらしい(笑)。あいさつを済ませ駅へ。
家から成田までは直線距離で100キロ弱あるが、最寄り駅から東京シティ・エアーターミナル(以下TCAT)のある水天宮前まで電車1本で行けるので、乗り換えは1回。TCATから成田空港までのリムジンバスは2900円とちょっとお高いが、荷物があるときは乗り換えが少ないこのルートに限る。

10:00ごろ成田空港着。

今回の旅行で使う航空会社はブリティッシュエアーウェイズ(英国航空、以下BA)。往路の旅程はロンドン・ヒースローでトランジットして、オランダ、アムステルダム、スキポール空港まで。

narita_ba8.jpg続きを読む
posted by taku at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | W杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

W杯チケット5次販売

5月1日から、W杯チケットの5次販売がスタートしてる。
5次販売はネットの先着順販売。チケットは何時出るかわからないので、パソコンに張り付いてないいけない。出たら出たでチケット購入に辿り着くか、欲しいチケが売り切れるまで、延々リトライの繰り返し。
GW期間中、パソコンに向かえる時間のほとんどはFIFAのチケットセンター・サイトを開いてた感じだ。

でも最初はまったく取れそうになくて、オークションやチケットブローカーのメッチャ高価なチケットに手を出そうかとも考えた。

続きを読む
posted by taku at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | W杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

上川さん、W杯主審に選出

上川さんがW杯の主審に選出された。2002年に続いて2大会連続の選出。
記者会見で、「決勝戦の笛を吹きたい。それを夢にしたい」と語ったそうだ。

2002年W杯で上川さんが笛を吹いたのは、6月1日、新潟ビッグスワンで行われたアイルランドvsカメルーン戦の1試合のみ。
この試合は日本においての開幕戦で、韓国で行われた大会開幕ゲームの翌日に行われた。

続きを読む
posted by taku at 23:24| Comment(0) | TrackBack(1) | W杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

W杯チケット4次販売

一応日本時間の午後8時スタートらしかったが、8時を少しまわったころからトライ開始。チケット選ぶページまではすんなり入れた。
わりと売れ残ってんじゃん。

6/21のコートジボワールvsセルビア・モンテネグロ、トーナメント1回戦6/27ドルトムントの2試合にチェックを入れてオーダーボタンをクリックするが、何度やっても「エラー」表示。
他のこともやりながら、約3時間トライし続け、11時頃にエラーじゃなく、Page Not Foundってページが表示された。
そしてそのあと、ソースが表示される始末。FIFAのボケ、データのアップロードしくじりやがったらしい。その後は何度開いてもソース表示。
ソースをコピペして適当な名前で保存、それをブラウザで開いたら、ドイツ語ページで、全試合Not Availableの表示ページだった。
全チケットが売り切れたのか、向こうで受付をしめ切ったのかわかんないけど、とりあえず3時間で終了ってことなのかな?

こんなもん出されても…
fifa-tick4.jpg

サッカー・ブログをもっと見る
posted by taku at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | W杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

W杯チケ、とりあえず1試合ゲット

今日、FIFAのチケットセンターからメールが来た。
メールには、6/23カイザースラウテルンでのマッチナンバー47の試合が当選の旨が書いてあった。
7試合申し込んだが、当選したのはこの1試合だけのようだ。
当たった試合は、リーグ最終日のサウジアラビア対スペイン。

続きを読む
posted by taku at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | W杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。