2009年06月07日

ウズベキ戦、敵は審判!

敵は芝の長さじゃなかったね。敵は審判だった。こんなに露骨なのは初めて見たかな。
日本が前半先制してから、後半途中に岡ちゃんが抗議するまでは、本当ひどかったね。抗議のあと、ちょっとまともになったが、終了間際に反動が来たのか、長谷部が退場。岡ちゃんまで退席処分。
でもこの逆境の中、選手たちは最後まで冷静によく凌ぎ切った。讃えずにはいられない。本当タフさがついてきたよね。

さあ、これで予選突破一番乗り。本大会までは丸1年。ベスト4なんていう高い目標を目指すなら、もう2ランク以上上げないとまず無理。時間はあるようでそんなにはない。岡ちゃん、頼んだよ。


posted by taku at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

ウズベキ戦、W杯一番乗りなるか!?

キリンカップでチリ、ベルギー相手に2試合連続で4-0と快勝したおかげで、ウズベキ戦も楽に勝って、予選突破1番乗り!みたいな乗りになってるけど、どうだろうね?
まずキリンカップとはピッチが違う。日本のピッチは良すぎ。デコボコとかはまずないし、パスが走るように芝は短く刈られてる。ピッチがいいから日本が得意とするパスをポンポンつないで組み立てるサッカーができるんだけど、海外じゃそうはいかないよね。
きょうのタシケントの試合会場、ピッチがひどいって報道はないけど、芝は長くボールは止まるらしい。またコーナーキックを蹴るとき、段差があってキッカーは助走がとりにくいなんてこともあるらしい。日本らしさに一番影響が出そうなのはやっぱ芝が深いってことだろうね。
きょうのウズベキ戦、このピッチで快勝できるくらいなら、日本代表も相当レベル上がってきたってことで喜んでもいいかもね。
まあそう簡単にはいかないとは思うけど、苦しいゲームでも何でも、勝って一番乗り決めたいね。テレビの前で念を送るべし!

All About←日本代表・Jリーグ おすすめコラム by戸塚啓
最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!


posted by taku at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

バーレーン戦1-0勝利!

バーレーン戦を観戦して来た。

20090328_jpa-bah_gol.jpg

この俊輔のFKで(ラッキーもあったが)、後半立ち上がりのいい時間帯に先制。この1点を守りきって、最終予選ホーム初勝利。まあよかったね。
できれば、もうちょっと楽に、危なげなく勝ってほしいとこだけど。
そうできるチャンスはたくさんあった。特に得点を奪ってからの10分間ほどは、バーレーンが攻めて来たこともあって、日本の決定機も次々とおとずれた。でも追加点は生まれず。決定不足、聞き飽きた言葉だが、ゴール前でなんでそこまで慌てちゃうかな? 特にウッチー!

結局1-0のまま終盤へ。1点差ってのは何が起こるかわかんないからね。
終盤、日本は相手サイドのコーナー付近でキープする時間稼ぎもやったが、日本は時間稼ぎもあまりうまくないよね。FKやスローイン、ゴールキックも、もうちょっと時間をかければいいのに、すぐ始めてしまう。イエローもらうのが嫌なんだろうけど、時間の使い方がみんな下手だ。見てて見苦しいほどの、いわゆる「中東戦法」ほどやれとはいわないが、もうちょっとしたたかに時間稼ぎくらいはやってほしいね。それによって時計を進めるだけでなく、相手をもっとイライラさせることにもなるんだし。

そう感じたのは、いま戸塚啓の「マリーシア」を読んでるから余計かな? 最初、今さらマリーシア?とも思ったが、いやなかなかどうして、日本ももっとしたたかになったほうがいいと思わせるおもしろい本だ。読んでみる価値あると思うよ。

-----
2010南アW杯アジア最終予選 第5戦
2009/03/28 埼玉スタジアム2002
日本 1-0 バーレーン

マリーシア “駆け引き”が日本のサッカーを強くする 戸塚啓著



posted by taku at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

楢崎はバーレーン戦全勝

あした、バーレーン戦だ。1年で5度目の対戦で、最近4試合は2勝2敗の五分の星とマスコミが騒いでる。まあ騒いでくれるのは盛り上がっていいんだけど。
まあ明日はGKが楢崎だから大丈夫だね。バーレーン戦の2敗はGKが能活と川島だった。ナラっちはバーレーン戦3戦全勝。明日も連勝伸ばしてくれるはず。マナマでのアウェイ戦では2失点してるから、明日は完封でよろしく!

posted by taku at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

バーレーン戦チケット初日売り切れ

3/28バーレーン戦チケットの一般発売は今日からだったが、速攻で売り切れたみたいだね。
チケット販売の視点から見れば、オーストラリア戦のドローはよかったことかもね。オーストラリア戦で勝ち点3取れてれば、バーレーン戦はそんなに注目の試合にはならなかったはずだから。
オーストラリア戦、バーレーン戦とチケットの売れ行きがいいとはいえ、協会には代表人気が戻ったと勘違いしないでほしいな。アジアカップの予選やキリンチャレンジとかのフレンドリーはきっとまたあんまり売れないよ。もちろん相手が客呼べるチームなら入るだろうけどね。

チケットがあんまり売れなそうな試合は、後援会や協会登録者の無料招待、復活させたら?
売り上げより、スタジアムがガラガラでマスコミに人気がどうのこうのと書かれる方を気にした方がいいんじゃない?

最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!


posted by taku at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

オーストラリア戦、未来のことを考えると...

JPN vs AUS
W杯予選、オーストラリア戦を観てきた。
結果はドロー。点が取れなきゃ絶対勝てないからね。
でも、岡ちゃんになってから、一番レベルの高い、良い内容だったと思う。オーストラリアを慌てさせるようなチャンスもいくつか創った。
このレベルの試合がいつもできれば、W杯予選は間違いなく突破できると思う。
ただW杯ベスト4という目標にはほど遠い気もする。

オーストラリア、ピムはまず負けないことを重視して試合に臨んできたね。試合前の会見で「日本は恐れているのか?」と挑発的な発言をしたピム。でも恐れていたのはピム、あんたの方だ。オーストラリアは3ボランチぎみの4-3-2-1。アジリティーの高い日本を恐れてのディフェンシブなシステム。とてもヒディンクのアシスタントをしていた指揮官とは思えない布陣だね。
ピムがディフェンシブに来てくれたおかげで、勝てなかったが、負けもしなかった。
もしオーストラリアが攻撃的な布陣で来ていたら、長友もウッチーもあんなに攻め上がれなかったことだろうし、きっとピンチももっと多かったことだろう。
ピムの失策と言ってもいいかもしれない。

そのおかげで、悪い内容じゃなかったから、岡ちゃんの進退問題はまずなくなったな。余程の大失態か不運が重ならないかぎり、W杯予選の2位以内は固い。つまり協会の余程の英断がないかぎり、2010年は岡ちゃんで行くってことだ。
2010年本大会のことを考えると、オーストラリア戦ボロ負けしたほうがよかったかもなんて思うのは僕だけ?

そういうばヒディンクはチェルシーみたいだね。今後のチェルシーが楽しみだ。

All About←日本代表・Jリーグ おすすめコラム by戸塚啓
サッカー・ブログをもっと見る


posted by taku at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

オーストラリア戦、12年ぶりのしびれるホームゲーム

さて明日はW杯予選オーストラリア戦。
考えてみれば、国内で行われる日本代表の試合でこれだけ注目の試合は、2002W杯本大会を除けば、12年前の韓国戦以来になる。
予選は全部真剣勝負、大事じゃない試合なんかないなんてこという人もいるけど、そりゃ嘘だ。相手によって重要さが違うのは、少しでもサッカーを見てる人ならわかるよね。
要は、勝って当たり前じゃなく、力が拮抗してる相手との親善試合じゃない真剣勝負っていう意味の試合。しびれる試合ってヤツ。

12年前のW杯フランス大会予選、国立での韓国戦。ヤマが伝説のループを決め、そのあと逆転負けを喫した試合。悔しい試合だったが、最もしびれた試合だった。
2002年大会は予選がなかった。2006年の予選は、最大のライバルはイランだったが、イランとのホームゲームはW杯出場が決まったあとの言わば消化試合だった。

だから明日のオーストラリア戦は、あの韓国戦以来のしびれるホームゲームってことになる。
あしたは、久々に観戦じゃなく、サポートだな。

最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!


posted by taku at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

3/28バーレーン戦チケット

W杯予選、オーストラリア戦の次の試合の大会概要が発表された。

ワールドカップ南アフリカ大会 アジア最終予選
日本vsバーレーン
日時:3月28日(土)19:20キックオフ予定
場所:埼玉スタジアム2002

そうなってほしくはないが、2/11の試合で、もし日本がオーストラリアから勝ち点3を奪えず、逆に同日タシケントで行われるウズベキスタンvsバーレーン戦でバーレーンが勝つようなことになると、3/28のバーレーン戦はのっぴきならない状況になる。

オーストラリア戦のチケットは、器の大きい横酷にもかかわらず早い段階で売り切れた。2/11の結果如何では、バーレーン戦のチケットも早々に売り切れる可能性が高い。
チケットの一般発売は2/14(土) からだけど、忘れず先行販売でおさえておかねば。

wcq_sch.jpg


posted by taku at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

フィンランド戦、快勝に喜んではいられない

JPN vs FIN
フィンランド戦を観に行ってきた。
前日だかに、前売りが23000枚しか売れてないというニュースを目にしたが、観客数は34532人。結構入ったね。
国立の代表戦での定番席、ゴール裏(安席)アウェイ側、バックスタンド寄りコーナー付近の上段に座ったが、アウェイ側はスカスカ。でもホーム側はぎっしりとは言わないまでも、だいたい埋まってたね。
スパサカで国立特集を組んだり、番宣に力を入れた成果かな? 来場者に青い手袋プレゼントってのも案外よかったのかもね? 代表戦で配られる青いシートとかの応援グッズって、そのときだけで、あと使い道ないもの多いけど、手袋なら試合後も使えるもんね。

さて試合だが、フィンランドは1.5軍、いや2軍と言っていいだろうね。一番有名な選手は10番でキャプテンのヤリ・リトマネンだが、そのリトマネンも予選などの真剣勝負にはスタメンで出る選手じゃない。リトマネン以外の選手は世界的にはほとんど無名の選手ばかり。まあ国際マッチデイじゃないからしょうがないけどね。
メンバーだけでなく、きっとこのチームではろくにコンビネーションも合わせてないんだろう、連携面もお粗末なチームだった。
このフィンランドに快勝したからって、安心しちゃいけないのは、普段からちゃんとサッカー見てる人はわかるよね。

収穫としては、怪我明けで試合にしばらく出てないトゥーリオ、ヤット(遠藤)が、オーストラリア戦前に実戦をやれたこと。ハッシー(橋本)が悪くなかったこと、憲剛の2列目での起用もうまく機能したこと、そして岡崎が自信をつけたことかな。それとチームの雰囲気はよくなっただろうね。あと一般的なファンの盛り上がりとか。
都築は残念ながらチャンスをものにできなかったね。

さて、オーストラリア戦は一週間後。俊輔以外の欧州組は直前の合流になりそうだから、もしかしたら単純に欧州組がスタメンに取って代わるってふうにはならないかもね?
問題はGKだけど、今更どうあがいてもしょうがない。早いタイミングで都築か川島かどちらで行くかを決めて、連携煮詰めたほうがよいと思う。
posted by taku at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

日本代表に千羽鶴?

2月11日(水) のワールドカップ予選、対オーストラリア戦に向け、サポーターの想いを千羽鶴に託すという企画がサポーター発案で実施されてるそうだが、これ間違ってるよね。大きな勘違いだ。
「千羽鶴」ってさあ、病気や怪我の回復を願って折るもので、それ以外の願い事のためにやることじゃないよ。
それに千羽鶴とかベンチにさがってたり、選手スタッフの目にふれたりすると悲壮感漂って、きっと余計マイナスにはたらくよね。
今回はもう動きだしてるからもう止められないだろうけど、次からやめていただきたい。千羽鶴以外のなんか別のことにして。

もし今回の発案者が「日本代表は今病気だ!」っていう主旨でやってるなら大いに賛同だけど(笑)。
でもそれってすげえイヤミだよね。

All About←放映がなかったバーレーン戦現地レポート by戸塚啓

posted by taku at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

フィンランド戦チケットが売れてない

2/4のフィンランド戦のチケットが売れてないらしい。
協会から要請があったのか、今日のスパサカでは国立特集まで組んでフィンランド戦をPR。
でも国立特集はおもしろかった。国立はやっぱ日本サッカーの聖地だよね。歴史が刻まれてる。埼スタと横酷ができてから代表の試合は減ったけど、それ以前、代表の大事な試合はほとんど国立で開催されてたからね。

それから、国立で代表初ゴールを記録した選手、多いんだね。試合が多いから当たり前なんだけどさ。

フィンランド戦、あんまりガラガラだと、またマスコミにサッカー人気がどうたら、代表人気がどうたら書かれそうだから、東京のサッカーファンなら観に行きましょうや。どうやら天気も悪くなさそうだし。

キリンチャレンジカップ2009 フィンランド戦 2/4 国立

posted by taku at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

とほほなバーレーン戦、フィジカルとサッカーIQの問題

All About←バーレーン戦現地レポ by戸塚啓

バーレーン戦は、キックオフには間に合わなかったが、ここでも紹介したサイトで無料でネット観戦。
たぶんアルジャジーラの映像だと思うが、アラビア語だかなんだかの実況で、もちろんまったく何言ってるかわからないけど、民放の下手な日本語実況よりはよかったりするかも。日本選手の名前はだいたい間違ってなかったし。

それにしても、とほほな試合だった。
欧州組が揃わなかったことや、けが人続出というエクスキューズはあるにせよ、日本のフィジカル、そしてサッカー知能指数(IQ) の低さを露呈した試合。どちらも今に始まったことじゃないんだが。。。

マチャラだって、これだけ何度も対戦すれば、そりゃいい加減、日本の弱点にも気付くよな。
日本の選手は体を寄せきれば、力の半分も出せなくなる。そしてその弱点をしっかり突いてきた。
日本は間合いを空けたプレッシャーなら何の問題もなくプレーできる。甘いプレッシャーの中でプレーさせれば世界でも通用するチームだと思う。ところが間合いを詰められ、コンタクトプレーになると、その力をまったく発揮できなくなる。

翻って、今回バーレーンといい、中東のチームは、もともとそんなにうまくはないがプレッシャーをかけられてもそんなに力が落ちない。
強いプレッシャーの中でも普通にプレーできるというのは、ヨーロッパや南米などサッカー先進国ではあたりまえのこと。

日本がフレンドリーマッチで、強国とたまにいい試合を演じることがあるが、それは「フレンドリーマッチ」であるからに他ならない。フレンドリーマッチだから怪我をしたくない、させたくない、だから当然プレスはガツガツ来ない。よって日本はいいプレーを見せる。
ところが公式戦になると相手もガツガツ来るから、慣れてない日本は、明らかに格下と言われるアジアのチーム相手に苦戦するって図式。

この問題を克服するには、日本代表メンバーのほとんどがヨーロッパのクラブチームに所属して、しかもある程度出場機会を得られるようになるか、もしくはJリーグをはじめ国内のサッカーのレフェリングを世界標準に近づけ、正当なコンタクトプレーでファールを取らないようにすることかな?

どっちも一朝一夕にはいかないことだけど、レフェリングの問題は、協会に問題意識があれば、Jリーグと審判協会とすぐにでも協議は始められると思うけどね。

サッカー知能指数については、オシムが病に倒れることなく、継続して強化をしてくれてれば、もしかしたら改善する方向だったかもしれない。タラレバの話だけど。
サッカー知能指数については、またあらためて。
posted by taku at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

バーレーン戦ネット中継は

バーレーン戦のネット中継、国内ではLiveSports.jpがやることになったみたいだ。
315円。金取んのかよ。って、まあ取るわな、ここぞとばかり。

たかがアジアカップ予選、315円払うやつってどれくらいいんのかな?
でもLiveSports、このバーレーン戦で登録者数も増えるんだろうね。

JustinかLiveTVでやってくんないかな?

ところで、生はないけど、録画放送もないのかな?
posted by taku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

バーレーン戦生中継なし

28日深夜に行われる、アジアカップ予選バーレーン戦の生中継がないそうだ。
法外な放映権料をふっかけられ、日本サッカー協会が蹴ったってことらしい。
日本はいくらでも出すだろうって、ふっかけてきたんだろうね。相手もまさか日本が蹴るとは思ってなかったかも。
何事もこれまで日本人は簡単に金出し過ぎ。

ちょっとフランス98でのトゥールーズを思い出してしまった。
W杯初のゲーム、アルゼンチン戦のチケットが1枚数十万。でもこの額を簡単に出すヤツがいるから、値段が下がらない。

一回蹴るのはいいことだよ。生中継がないのは、ちょっとさびしいけど、協会の毅然とした態度は認めるべきだね。たかがアジアカップ予選だしね。

男の"やる気"を応援、【マカ&アシュワガンダ】
posted by taku at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

ウズベキスタン戦 W杯予選 2008/10/15

ホームで1-1ドロー。あちゃー! やっぱズィーコさんサイン入りチケホのせいか???
なんてことはないんだけど、やっぱズィーコのアドバイスが効いたんじゃないかな?
ズィーコは自分が率いていたチームの弱点はわかってたってことだね。日本はああいう早いプレスに弱い。プレスをかけられると普段楽々とできることの半分もできなくなる。
まあ、ズィーコは自分が率いたチームの弱点はわかってても、強化することはできなかったんだけどね。

でもウズベキ、さすが最下位チームだけのことはあるというか、チームとしては弱いよね。チャンスを簡単なミスでふいにするし、シュート打たないし、打っても精度ないし。
日本は本当助かったよ。あれもうちょっと積極的で、精度があったら3点くらい入れられててもおかしくなかった。
そういう点では日本と同じ決定力不足という問題をウズベキもかかえてるってことか。

決定力不足はよく言われるけど、プレスに弱いってことも改善していってほしいと思うんだよな。改善策の一番は、Jリーグのレフェリーの笛を改善することかな? ちょっとコンタクトがあるとすぐ止めてしまう笛。激しくても正当なチャージには笛を吹かないようにしていかないとダメだよね。急には無理だろうけど、少しずつでも世界標準に近づけないとね。

最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!
posted by taku at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

ズィーコさんサイン入りチケホ

きょうは埼スタでW杯予選ウズベキスタン戦を観戦。
チケットは持ったし、そうだそうだ、チケットホルダーだと思って、観戦グッズ引き出しからチケットホルダーを引っぱり出したら、ウケた。

200810_zicotckhld.jpg

ズィーコのサイン入りじゃん!

このチケホ、2006W杯の予選突破が決まったあと、代表の試合で来場者に配られたもので、ズィーコ監督のメッセージとサインが印刷されてる。
代表の試合を普段からよく観に行ってる人は持ってる人多いんじゃない?

でも今日の試合は、ズィーコさん、敵なんですけど!
別のチケホにするか? でもこのチケホ大きくてポケットもあって、便利なんだよな。
もし、きょう日本が勝てなかったら、このチケホのせいにしよう...
posted by taku at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

日本vsウズベキ戦チケット

あさって11/15に埼スタで行われるW杯 アジア最終予選の第2戦目、日本vsウズベキスタン戦。チケットはもう買ってあるんだが、どの程度売れてるのか電子チケットぴあで確認してみた。
けっこう売れてるじゃん。

まだ一応全カテゴリー、チケットは残ってるが、ホーム寄りの席はだいたい売り切れてる。
ウズベキとかさあ、アウェイチームのサポーターなんていないに等しいんだから、席のホームとかアウェイとかあんまり関係ないと思うんだけど、ホーム寄りから売れるんだね。おもしろいね。
特に埼スタなんて、アウェイ寄りの方が美園の駅に近くていいと思うんだけどさ。

ま、とりあえず、チケットはまだ売り切れてはいない。観戦に行きたいと思ってる人は、今からでも間に合うってことね。

2010 FIFA W杯 アジア最終予選 日本vsウズベキスタン (@ぴあ)

サッカー・ブログをもっと見る
posted by taku at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

日本vsUAE

UAEは軽い相手だったが、そのUAEに1-1ドロー。
1失点はしかたないとして、チャンスはたくさんあったから決めるとこ決めときゃ、もうちょっと景気いいゲームになってたろうに。
「決めるとこ決めときゃ...」、いつものフレーズだな。

でも、1得点は香川の代表初ゴール。興梠、岡崎もフル代表のピッチに立つことができた。
若い選手たちにいい経験を積ませたってことでは、まあよかったんじゃない。

UAEは、日本とドローに持ち込めたことで、俺たちやれるじゃんなんて勘違いしてるかもね? もしそう勘違いしてるなら韓国戦はボコボコにされるだろな。

UAE戦についてのブログを探す

posted by taku at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

神?確変? アジアカップ準々決勝オーストラリア戦

オーストラリア戦、能活ファンにはたまらん試合になったな。120分間はたいして見せ場なかったのに、PK戦でいきなり2本ストップ。
ハイボールに難があったり、不用意な飛び出しでゴールを空けてしまったりすることがあるんだけど、能活って本当たまに神が降りてきたとか確変したとかいわれる大活躍するんだよね。それも今日みたいな注目の一番で。

まあでも、前半で足が止まり始め、しかも1人少なくなったオーストラリアに対し、終止支配しながら、PK戦に持ち込まれたことが問題だよね。オーストラリアは後半の終盤から時間稼ぎを始め、延長に入ってからはPK戦狙いの時間稼ぎを徹底的にやってきた。その作戦は見事に成し遂げられ、逆にいえば日本はそれを許してしまったと言ってもいい。
攻撃時、スピードアップをする「タイミング」が、UAE戦、ベトナム戦で徐々に好転してきていたのに、オーストラリア戦では、それがあまり出せなくなってしまった。
グループリーグで対戦した3チームに比べると明らかにサッカーを知っている選手が多く、高さもあり、フィジカルも強い相手がしっかり引いて守ってきたのだから、そりゃ簡単には崩せないのはわかってはいるが、アタッキングゾーンで、スピードアップするアイデアをもうちょっと出してほしかったな。怖がらずやればやれたはずだと思うんだけど。

オーストラリアはハノイの最初の試合ということもあったし、また今日の試合はジャッジにも泣かされた。
オーストラリアは実力の半分も出せなかったんじゃない?
オーストラリアは、今後ワールドカップ予選などで対戦することも出てくる相手だが、アウェイは当然、ホームの日本で対戦するときでも、今日ほどひどくはならないはず。やっぱりいやな国がアジアに入ってきたっていえるね。
今後の対戦を考えたとき、PK戦とはいえ、結果上勝利したっていうのは悪くない材料かな。

最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!
posted by taku at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。