2009年10月28日

名古屋、奇跡を引き寄せられず、ACL準決勝

ACL準決勝第2戦、名古屋グランパスvsアルイテハド、開始数分で奇跡はないなと、あきらめに近い気持ちになった。
キックオフからガンガン行かなきゃいけないのに、なんかごくごく普通の試合運びなんだよね。

4点差をひっくり返すのは奇跡に近いことはわかっていたが、その奇跡を引き寄せるためにはそれなりのアクションが必要だ。
グランパスのイレブンはもちろん4点取らないといけないこと、そのためにやるべきことはわかった上で瑞穂のピッチに立ったはずだが、残念ながら頭でわかってはいても、まったくといっていいほどプレーにつなげることはできなかった。

リスクを負ってでも、どうしても点を取らなきゃいけないときの戦い方、少なくともピクシーは選手のときはわかってたはず。そういうことを選手に伝えていってほしいな。伝えるのは簡単じゃないんだろうけど。

もうひとつ名古屋の敗戦の理由としてはコンディションだろうね。
選手たちのコンディションは決してよくはなかった。3日前に馬鹿試合やってるしね。
ACLに本気なら、3日前のリーグ戦はターンオーバーでやるべきだったよ。最強チーム規定云々でリーグから制裁があったとしてもね。

企業が1tからはじめられるCO2削減活動

posted by taku at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

ACL準決第2戦は明日

ACL準決勝、グランパスvsアルイテハドの第2戦は明日瑞穂で行われるが、チケットはあんまり売れてなさそうだね。チケットぴあで見ると全カテ空席ありになってる。
もともとACLは人気がないし、平日だし、そして何より1戦目で2-6の大敗。決勝に勝ち上がれる可能性は相当低い。
でもだ、もしこのビハインドをひっくり返し決勝に進んだとしたら、それはクラブの歴史に残る伝説のゲームとなるのは間違いない。ファンならそれを見逃したとあっちゃ、後悔してもしきれないよ。
スタジアムがガラガラだと、相手にプレッシャーをかけることもできないって一面もあるし、地元のファンならスタジアムに足を運ぶべし。

AFCチャンピオンズリーグ2009準決勝
名古屋グランパス vs アルイテハド
2009年10月28日(水) 19:00 K.O. 瑞穂陸上

名古屋グランパス観戦チケット@ぴあ
posted by taku at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

名古屋敵地で大量失点、奇跡を信じよう


今年のACL決勝は国立でやるってのに、Jのチームが決勝に進むのはちょっと厳しくなっちゃったね。

きのうのACL準決勝第1戦アルイテハドvs名古屋戦は6-2で、名古屋の敗戦。
前半早い時間帯にひとり少なくなったが1-2でリードして折り返す。でもやっぱり1人少ないのが響いたか後半大量失点。

次はホーム瑞穂だけど、4点差はちょっとしんどいね。
しかも日程も厳しい。中2日でJジュビロ戦、そしてまた中2日でACL第2戦。
ジュビロ戦は選手温存したいところだろうけど、Jには最強チーム規定なんて余計なもんもあるし。

サポもたくさん押し寄せて相手チームにプレッシャーをかけられればいいんだが、水曜だし、しかも瑞穂。トラックがあるようじゃプレッシャーにならんよな。
豊田でやって、チームのピンチなんだから入場無料にでもしてファン動員するなんてこと、日本じゃできないか。
サッカー先進国や先進国じゃなくてもサッカーに本気な国ではよくあることなんだが。。。

4点差、ひっくり返すのは奇跡に近いけど、信じたいね。

名古屋グランパスのチケット
国内格安航空券最安値検索

posted by taku at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

ACL準々決勝チケット

シルバーウィークの最終日、9/23(水) にACLの準々決勝第1戦、川崎vs名古屋の試合が行われる。会場は国立。
チケットの話題、あんまり聞かないし、日本チーム同士で祝日だから、速攻で売り切れたのかと思って、確認したら、まったく逆。ぜんぜん売れてないらしい。全席種残ってる。とほほだな。フロンターレ・ファン、応援に行けよ。やっぱ浦和が出場しないと集客できないって言われるぞ!
ACLのチケットは@電子チケットぴあで。

posted by taku at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

ガンバ宇佐見

期待の宇佐見がトップ公式戦デビュー戦で、見事にゴールを決めたというのに、勝ち切って花添えてやれよガンバ。本当ダサイ!
宇佐見が決めたシュート、うまいシュートだった。打ちにくい浮いてるところをうまくミートしてる。センスを感じるね。
試合後インタビュー受ける宇佐見だけど、自分は結果出したのにって感じでちょっと不満そうなとこが、またなんかいいねぇ。

でも、デビュー戦でゴール決めて勝ってたら、マスコミ大騒ぎで持ち上げ過ぎみたいな状況になるだろうから、宇佐見の今後を考えると、負けてよかったかもね。消化試合だったし。

鹿島の大迫、浦和の原口と山田直輝、そしてガンバの宇佐見、心ないマスコミから守って、つぶさないように育てたいね。

-----
ACL 2009 1次リーグ6節 2009/5/20 万博
G大阪 1-2 FCソウル
64' 宇佐美貴史(G大阪)、73'(ソウル)、89'(ソウル)

最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!
All About←日本代表・Jリーグ おすすめコラム by戸塚啓

posted by taku at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

ACL、G大阪、川崎Fとも5-0完勝

きのう行われたACL、ガンバはホームで、フロンターレはアウェイで、共に5-0勝利。

フロンターレは「よくできました」だろうね。
でもガンバの方は結果は「当然」だけど、もうちょっと賢く楽に勝ってほしかったという印象。

先制まで時間かかったし、後半から出てきた播戸と山崎は結果を出したいという気持ちが空回りして、チームメイトにまでバタバタ感が伝染していたような感じ。Jもあるんだから、あまり消耗しないように、もっとゆっくり余裕を持ってやればいいのに。チームとしてのマリーシアが足りないところかな。

まあ結果的には最高。3戦全勝はACL全グループ中ガンバのみ。
再来週の4節の結果しだいで決勝トーナメント進出が決まる。ガンバの相手はきのうの裏返し、アウェイでスリウィジャヤ戦。悪いピッチと暑さ、それから移動距離が敵だね。

posted by taku at 18:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

ACL、今夜はガンバと川崎F

ACL、名古屋はホームで2試合連続ドロー。週末のレッズ戦に向けメンバーを落として臨んだピクシーだったが、オーストラリアのチームはメンバーを落として楽に勝てる相手じゃないよ。ちと甘かったね。
一応まだ首位だけど、名古屋のグループは4チームともに十分チャンスが残された大混戦グループになった。最後までもつれそうだから、楽できなくなっちゃったね。

一方、鹿島はアウェイでシンガポールAFに完勝。
このグループは3強1弱だね。シンガポールAFが勝ち点0で他の3チームが勝ち点6で並ぶ。日本人が2人も所属するシンガポールAFが1弱ってのはちょっと寂しいが。

そして今夜は、ガンバ vs スリウィジャヤとセントラルコースト vs 川崎F。
ガンバのきょうの相手スリウィジャヤは2連敗してるし格下とおぼしきチーム。できれば早めに2点以上取って、楽に流したいとこだね。

フロンターレの相手は、オーストラリアのセントラルコースト。きのうの名古屋同様、パワーに要注意。移動の疲れもあるだろうし、きびしい戦いになるんじゃないかな?
posted by taku at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

今夜はACL

今夜はアジア・チャンピオンズリーグ (ACL) 第3節。
J絡みは以下2試合。

名古屋 vs ニューカッスル・ジェッツ 瑞穂陸上 19:00キックオフ
シンガポール・アームド・フォーシズFC vs 鹿島 シンガポール 日本時間20:30キックオフ

名古屋は前節ホームで北京とスコアレスドローだっただけに、きょうは何としても勝ちたいところ。ただ相手はオーストラリアのチームだけにフィジカル面でタフな試合になるんじゃないかな?

鹿島はシンガポールでの試合。相手はちょっと力が劣るチームだけにしっかり勝ち点3を稼ぎたいとこだが、敵は暑さかもしれないね。

テレビ中継:
名古屋 vs ニューカッスル テレ朝チャンネル 18:55 (生)、BS朝日 22:30 (録画)
シンガポール vs 鹿島 BS朝日 20:25 (生?)、テレ朝チャンネル 23:00 (録画)
posted by taku at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

トンマージ

ACL第1節2日目、フロンターレと対戦した天津にはトンマージがいるじゃないか! 
試合中トンマージをずっと見てしまった。おもしろい! 何がおもしろいって、まず走らない。多くの時間歩いてる。さぼってるわけじゃない。走るべきときはもちろん走るしダッシュもする。が、走らなくていいときは、絶対に無駄に走ったりしない。賢い。

天津のシステムは中盤がダイアモンドの4-4-2。トンマージは中盤の底。4列表記するなら4-[1]-3-2の[1]の位置。日本風にいうと1ボランチの位置(トンマージの役割的にはボランチじゃなくディフェンシブ・ハーフと呼ぶべきだけど、面倒くさいのでここはボランチってことで)。

Jで1ボランチなんてやったら、きっと90分間通して走りまくらないと勤まらないだろうね。
でもトンマージはそんなに走り回らなくても、ゲームを読む目と、少しのポジション修正、そして走るべきときだけ走ることで、ボランチが勤まることを示してくれたんじゃないかな。まあ試合に負けたから評価できないって意見もあると思うけど、トンマージがいなかったら天津はもっとバタバタして、川崎はもっと楽に勝てたんじゃないかと思う。

トンマージくらいの選手を天津が取れるんだから、ちょっとJのチームもがんばってほしいよね。間違いなくチームの力になる選手でおまけに客も呼べる選手取ろうよ!

-----
2009/03/11 等々力
川崎フロンターレ 1-0 天津泰達

2009/03/11 水原
水原三星 4-1 鹿島アントラーズ


posted by taku at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

ACL開幕 ウルサンもったいない

Jに続いてACLも開幕。
ガンバはホームに中国の山東魯能(シャンドン・ルーノン)を迎え、グランパスはアウェイで蔚山現代(ウルサン・ヒュンデ)戦を戦った。

ガンバは、出来自体は最高に良いってわけではないんだが、それでも終わってみれば3-0の完勝。山東は、相手がディフェンディングチャンピオンてことで敬意を払い過ぎたのかな?
ガンバはもうちょっとチョ・ジェジンをうまく使ったほうがいいよ。しばらくターゲットになるようなCFWがいなかったから、使い方わかんないんじゃない? 3点目の佐々木のゴールにつながった、ヤット(遠藤)がチョ・ジェジンの頭めがけて送ったクロスのようなボールもっと使っていいと思うな。チョ・ジェジンにマークがついてて、シュートできなくても、こぼれ球は大きなチャンスになる可能性大。実際きょうも佐々木のスーパーゴールにつながったしね。その辺ヤットはわかってるよね。さすが。

グランパスは、J開幕戦同様1失点後3点取って逆転勝利。ハーフタイムにピクシーが魔法でも使うのかな?
ウケたのはマギヌンのゴールパフォーマンス。あれ何? マギヌンのゴールパフォーマンスはフロンターレ時代から珍妙でおもしろいんだが。

それにしてもウルサンは観客入ってなかったね。昔、日本でもアジアのカップ戦はぜんぜん人入んなかったけど、それ思い出したよ。
ウルサンは、2002年にW杯でおとずれたが、最高に見やすいスタジアムだった。専用で、客席からピッチも近く、傾斜も急。日本のどのスタジアムもかなわない。それなのにガラガラ。もったいない。あんなスタジアム、日本にほしい。

-----
2009/03/10 万博
G大阪 3-0 山東魯能

2009/03/10 蔚山
蔚山現代 1-3 名古屋グランパス

サッカーを観に海外へ! JTBツアー、航空券、ホテル、現地オプショナルツアー
posted by taku at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

ガンバACL制覇 ガンバに足りないもの

ACL決勝、アデレードでの第2戦、結果は0-2でガンバ勝利。アグリゲートスコア5-0の完勝でガンバが優勝。ガンバがアジアチャンピオンになった。おめでとう!

開始早々の前半3分、佐々木のシュートのこぼれをルーカスの押し込んで、アウェイゴールを奪ったのが大きかったね。14分にもルーカスが技ありゴールで追加点。勝敗は完全に決した。
でもさあ、3点目、4点目を取れる場面は幾度となく訪れたのに、何で決めてあげないかねぇ? ホームで3点差以上つけられたらさすがにあきらめもつくだろうに、2点差のままだから相手も中途半端にやる気が持続。もちろん点取りたくないわけじゃなく、取れないんだけどさ。
ガンバもアデレードも本当決定力ない試合だったよね。TVに向かって何回「ダサっ!」て言ったことか。
その辺がアジアレベルってことかな。こんなダサイ決勝戦、UCLやリベルタドーレスじゃあり得ないよな。

ガンバに欠けていることをひとつ挙げるとするなら、きょうのゲームだけでなく、すべてのゲームで、「どうぞシュート打ってください」っていう優しいパスがないこと。
足元足元へのパスはペナの周りでも見事に回るんだが、足元へのパスだからシュートが打てない。1ステップか2ステップでもいいから走り込んでシュートが打てるようなパスがもう少しあれば、得点力もっと上がると思うんだけどな。

とりあえず、ガンバはアジアチャンピオンとしてFIFAクラブワールドカップに出場決定。たぶん豊田でアデレードとの再選になるはず。アデレードも策を練ってくるだろうけど、アデレードを再度叩いて、マンUに挑戦してほしいな。

All About←日本代表・Jリーグ おすすめコラム by戸塚啓
ガンバ優勝についてのブログを探す

posted by taku at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

ガンバ、レッズと連戦

ACL決勝は、レッズを退けたガンバ対、ズィーコ率いるクルヴチを破ったアデレードという対戦に決まった。ACL決勝のカードが決まったというだけでなく、同時にもうひとつ決まったことがある。
それは12月に日本で開催されるFIFAクラブ・ワールドカップに、アデレードが出場するということ。
アデレードはACL決勝でガンバに勝てばアジア代表としてクラブ・ワールドカップに出場。
ガンバが優勝した場合は、開催国枠がアジア2位に移るので、アデレードが開催国枠から出場となる。
つまり、アデレードはACL決勝の結果に関係なくFCWC出場権を獲得したってこと。違いは1回戦から出るか準々決勝(2回戦)からになるかってことくらい。
この状況は去年のセパハンと同じだね。

そのアデレード。チームカラーは赤で、チームの愛称は「ザ・レッズ」なんだそうだ。
ガンバは、浦和に続いてまたレッズとの対戦てわけだ。

そしてガンバがアデレードを破ってACL優勝を果たすとすると、クラブ・ワールドカップの準々決勝でアデレードと再戦となる可能性が大。そしてFCWCでもアデレードに勝てば、次はマンチェスター・ユナイテッドだ。

ガンバの相手は、レッズ、レッズ、レッズ、レッド・デビルスってことで、赤いチームとの連戦ってことになる。
赤いチームとの連戦、ぜひマンUまで行ってほしいな。そしてできればマンUに冷や汗かかせてほしい。

All About←日本代表・Jリーグ おすすめコラム by戸塚啓
K-BO-BO- プロジェクト「ワッキーの髪にも待望の変化が!?」
サッカー・ブログをもっと見る
posted by taku at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

ACL決勝、ガンバの相手はアデレード

ズィーコのクルヴチはやっぱダメだったね。初戦が0-3じゃね。一応ホームで1-0で勝って意地は見せたって感じかな。
ってことでACL決勝、ガンバの相手はアデレード。

1戦目がホーム万博、11/5(水)。
2戦目アウェイ、アデレード、11/12(水)。

ガンバサポにとっては、ウズベキスタンよりはアデレードの方がまだ行きやすくて、よかったね。

JTB スタッフけんさくん☆プロ1500人に聞けるお勧め旅行のクチコミサイト!

最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!
posted by taku at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

ACL準決、ガンバ完勝

ACL準決勝第2戦レッズvsガンバ、終わってみればガンバ完勝だったね。

レッズ 1-3 (1-0) ガンバ
アグリゲートスコア2-4でガンバが決勝進出

後半リードしてからはレッズ・イレブンをあざ笑うかのようなパス回しまで披露。

ガンバ完勝の原因は2つ。
まずひとつ目は、ガンバが、へたれ外国人FWロニーでスタートして、後半から選手を入れ替える戦略かな? 西野がそれを狙ってのことかは疑問だが、前半に弱いチームを見せといて、相手に「こりゃ楽にいけるぞ」と勘違いさせ、後半相手をあわてさせるって戦略。

だってさあ、ロニーってまったく何もできないじゃん。オフサイドなりまくりだし、いいとこで滑ってチャンスつぶすし、シュートは枠どころか足に当たりもしないか、しょぼいシュートしか打てないし。
さすが降格争いしてたチームでスタメンにもなれない選手って感じだよね。
鞠、ロニーいなくなってから降格圏脱したともいえるし。

もうひとつの理由は、レッズのあきらかなペース配分ミス。そうなってしまった原因はサポーターといろいろあって、気合が入り過ぎたんだろうね。
このへんのコントロールの責任は監督にあるってことになるから、ゲルトへの批判はさけられないだろうな。

さて、これでレッズのACL連覇の夢は消え、ガンバがアジア初制覇へ向け決勝進出となったわけだ。肝心なとこでよくフリーズして、いまいちサポからの信頼も得られてない西野。自身最高の高みともいえるACL決勝でフリーズしないでくれよ。

レッズvsガンバについての最新ブログを探す
『K-BO-BO-』プロジェクトはじまる!宮迫の髪はどこまで増えるのか?
JTB スタッフけんさくん☆プロ1500人に聞けるお勧め旅行のクチコミサイト!

posted by taku at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

ACL準決勝 ガンバvsレッズ


ACL準決、第1戦ガンバvsレッズ、前半細貝のゴールでレッズが先制するも、後半35分に遠藤のPKで追いつき、そのままドローで終了。

遠藤のPKは、Jリーグ柏戦に続いて、コロコロPKじゃなく、強目に蹴るPKだった。
GK都築は普通に飛んでしまったが、あれは柏戦で強く蹴った印象が残ってたんだろうね。

ガンバはホームで勝てなかったこと、そしてアウェイゴールを許したことは痛い。でもリードされたところを追いついたことはよかったんじゃない。
レッズはリードを守りきれなかったことと、累積で出場停止になる選手が3人も出たことが痛いかな。でもアウェイゴールがあるから2戦目は0-0でOK。最初から0-0狙いはないだろうけど、時計が進んだ段階で0-0なら、そのまま逃げ切る戦術もありになる。

第2戦は10月22日(水)。楽しみだ。

ガンバ対レッズ 他のサッカーブログも見る

posted by taku at 23:09| Comment(0) | TrackBack(1) | ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

ACL準々決勝第2戦

ガンバとレッズが準決勝進出。
アントラーズにはずっこけたな。
柏でのバチが当たったか? 
冗談は置いといて、小笠原の穴はやっぱ大きかったのか。
つうより、中田コひどくねぇ?
ヨーロッパから帰ってくるとみんなダメになるの?

つうことで、ACL準決はガンバvsレッズ。熱そだね。ちょっと見に行きたいかも。
でも水曜埼スタってことよね? 遠!
posted by taku at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。