2011年02月10日

ギヴンの飼い殺しはつづく

2月に入ったが、ギヴンがシティーのベンチを温めてる。
あぉ、1月中に移籍できなかったのかぁ。

アイルランド代表、マンチェスター・シティーのGKシェイ・ギヴン。ハートに正GKの座を奪われ出場機会がなくなってる。冬のマーケットで移籍するもんだと思っていたが、マーケットが閉じた2月になってもシティーのベンチに。
冬のマーケットは閉じちゃったから夏まで待つしかないんだよね?
シュートへの反応は欧州ナンバー1ともいわれるGK、プレーできてもあと数年、そのうち1年をベンチですごすのはもったいなすぎるー!

posted by taku at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

クディチーニがバイク事故

トットナムのGKクディチーニがバイクで事故に遭ったそうだ。
クディチーニは手首を骨折し骨盤を損傷。救急スタッフの話では「人生を左右する怪我」という表現を使っいる。
命には別状ないということみたいだが、クディチーニは36歳。回復したとしても現役続行は難しいかもしれないね。

ドイツ代表エンケの自殺というニュースに衝撃を受けてたとこなのに、またGKが事故。もちろん関連はないんだけど、これ以上変な連鎖が起きないことを祈る。



JTBの海外現地ツアー
ワンランク上の旅行で思い出いっぱい!旅行グッズはレンタルで節約上手!
posted by taku at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

リヴァプールvsマンU、泰年はレッズサポ化


先週末の最注目ゲーム、プレミア、リヴァプールvsマンUをやっと見た。
試合結果はあちこちのニュースで流れてたので、知ってたんだが、本当楽しめたね。

解説のやっさんは完璧リヴァプールサポと化して、それもまた笑わしてくれた。
フェルナンド・トーレスの先制点の時には、「キタッ、キタッ、キタッ、キタッ。ゴール!入ったー!!!」と叫ぶは、ロスタイム、ルーニーがドリブルで仕掛けた際には、「やばいっすよ、やばいっすよ」。そして駄目押しエンゴクの2点目の際には「キタッ、キタッ、決めろ決めろ、入ったー!!!」ときたもんだ。

「来た」はまだいいとして、「決めろ」は解説の言動としては普通ダメだろうね。きっとマンUファンには相当うざかっただろう。でも、この試合はリヴァプールが勝った方が、今後がおもしろくなるってことで、おおめに見てあげましょうや。

それにしても、実況倉敷、解説泰年、2人とも本当楽しんでたね。うらやましい仕事だな。

マルチドメイン無制限・大容量30GB・月額1,575円 ⇒ お名前.com

posted by taku at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

サンダランドvsリヴァプール

サンダランドvsリヴァプール、1-0でサンダランド。サンダランドのゴールは、サンダランド・ファンに配られた赤い風船がピッチに入って、その風船にシュートが当りコースが変わって決まった。リヴァプールにとっては不運としか言えないゴールだったが、この失点より無得点の方が問題だろうね。ジェラードとフェルナンド・トーレスがいなかったっていうのはあったとしても。

でもリヴァプールが悪いだけじゃないかもね。サンダランドは前節オールドトラッフォードでロスタイムまで1-2でマンUをリードしてた。ロスタイムにオウンゴールで追いつかれ大金星を逃したわけだが、ビッグ4に渡り合える実力があるってことだよね。それが証拠にサンダランドは現在勝ち点16で7位。なんとリヴァプールの上にいる。サンダランドの今後の快進撃に期待。

一方リヴァプール、ベニテスの解任あるかもね。

JTBの海外現地ツアー

posted by taku at 00:53| Comment(1) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

マンU、3連覇

マンUは引き分けでもプレミアリーグ優勝が決まるという状況。しかもホーム、オールドトラッフォード。
でも、無冠がすでに決まってしまってるガナーズは目の前で優勝を決められるのを避けるべく攻めに攻めたが、結局スコアレス・ドローで終了の笛。マンUはプレミア3連覇。ちょっと強すぎ。
マンUはリーグカップを取ってるのでこれで2冠。FCWCを入れれば3冠目。27日は4冠目をかけてバルサと対戦だ。

そのバルサ。先週リーグ優勝が持ち越しになったが、ミッドウィーク、コパ・デルレイ決勝でビルバオに逆転勝ちしてまず1冠。
リーガ優勝は今日か明日には決まりそう。明日バルサが勝つ前に、今晩レアルがコケて決まっちゃう悪寒が。。。

-----
English Premier League Matchday 37, Saturday 16th May 2009, Old Trafford
Manchester United 0-0 Arsenal

All About←ワールドサッカー ガイド:斉藤健仁
サッカー・ブログをもっと見る


posted by taku at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

FAカップとACL

The FAカップ準決勝マンU vs エヴァートン、ACL スリウィジャヤ vs ガンバ、フロンターレ vs セントラルコーストの試合を観た。

マンU vs エヴァートン。すごい試合だったね。
録画で観てても、思わず大声を何回も上げてしまったよ。
限界近くまで疲労してるはずなのに、気の抜けたプレーや凡ミスは少なく、ハラハラドキドキ感いっぱいの試合。
試合は延長PKの末、エヴァートンがマンUを退け、決勝進出。
エヴァトニアンといわれるサポーターのパワーもずごくて、ウェンブリーを最高の雰囲気にしてた。
見終わったあとは、いいもの見せてもらったって感じで、すごい満足感。

一転、ACLの2試合。
ガンバ、フロンターレともに勝利を収め、しかもリーグ勝ち抜けを決めた試合になったんだが、マンU vs エヴァートン戦とは大違いで、見終わったあとのこのモヤモヤ感は何なんだろう。
もちろんレベルの違いはわかった上でだが、なんで日本代表もJのチームも、観る者、応援する者が満足できるような試合がなかなかできないのかな?

All About←日本代表・Jリーグ おすすめコラム by戸塚啓
All About [旅の便利・お得情報]

posted by taku at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

マンUを救った17歳

「マンUを救った17歳」と話題の、イングリッシュ・プレミアリーグ、マンU vs ヴィラの試合を今日やっと見た。
マンUを救った終了間際の決勝ゴールは、17歳、初出場とは思えない、落ち着いた、老獪とも思えるくらいの見事なゴール。またまた凄い17歳が出てきたね。

イタリア人で名前は Federico Macheda。イタリア人だから彼の姓は「マケダ」と呼ぶのが正しいところだが、イングランドでは「マチェダ」と呼ばれるのはしょうがないだろうね。きっと日本でも「マチェダ」で定着しちゃうんだろうな。
プレーも17歳とは思えないんだが、顔つき、体つきもちょっと17歳とは思えないね。10歳くらい上に見えるよ。
これからマンUで、そしてアッズーリでも活躍しそうだね。

-----
Federico Macheda
1991/08/22生
2006-2007 ラツィオ
2007- マンU

-----
2009/04/05 イングリッシュ・プレミアリーグ
マンチェスターU 3-2 アストンヴィラ



posted by taku at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

ノースロンドン・ダービー

先週末のノースロンドン・ダービーをやっと見た。
リヴァプールから戻るロビー・キーンには、レドナップがキャプテンマークを用意すると報じられていたが、本当にキャプテンマークを巻いて先発。
試合はアーセナル、アデバヨールが前半で負傷交代、そしてエブエが2枚目をもらって1人少なくなり、スパーズが攻勢だったが結局スコアレス・ドロー。
ノースロンドン・ダービーのスコアレス・ドローは1998年以来だそうだ。

ロビー・キーンはフル出場したが、決定的なチャンスを決められず。
でもリヴァプールでフルタイム出場が少なかったから、これからコンスタントに試合で出られることだろうから、これからよくなるはず。そうすれば順位も上がってくるんじゃないかな。

一方アーセナルは、ノースロンドン・ダービーもドローで上位から離される一方。
しかもアデバヨールがハムストリングをやっちゃった。アルシャヴィンがベンチ入りしたが、1人少なくなったままスコアレスで試合が進んだため、出場機会はなし。スパーズが先制してたら出番があったかもしれなかったけどね。
けが人が多いから、アルシャヴィンが近いうち出てくるのは間違いなさそうだけど、アーセナルの厳しい戦いは続きそうだね。

最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!

posted by taku at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

ノースロンドンとアンダルシア・ダービー

今週末の大注目ゲームを挙げるとすれば、アンダルシア・ダービーとノースロンドン・ダービーかな。

アンダルシア・ダービー、セビージャvsベティスは昨夜の試合だが、まだ結果は知らない。WOWOWの初回放送は明日月曜の夕方だ。バルサ、レアルを優先しなきゃいけないのはわかるけど、アンダルシア・ダービーは生でやってほしかった。まだ試合結果は知らないので、コメントに結果書くとかの嫌がらせはやめてね。

ノースロンドン・ダービー、トテナムvsアーセナルは、このあと日本時間で22:30から。
リヴァプールから半年で出戻りとなったロビー・キーンはいきなり出場するんだろうか? また、ガナーズにやってきたアルシャビンは?

2つのダービーとも、チャンピオンズ圏内を争うチームと、降格圏をさまようチームの対戦。セビージャもガナーズも嫌いなチームじゃないんだが、今節はベティスとスパーズを応援したいところ。まあどっちのダービーもすごい熱い試合になるだろうね。楽しみだ。

【All About】専門家がガイドするテーマ別情報サイト

posted by taku at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

マージーサイド・ダービー、エヴァートン劇的勝利

FAカップ4回戦、リヴァプールvsエヴァートンの再戦を見た。
211回目のマージーサイド・ダービー。これまでの対戦成績はリヴァプール81勝、エヴァートン65勝だそうだ。

4回戦、アンフィールドでの1戦目は1-1のドロー。そしてグディソンパークでの2戦目。
前半15分、ジェラードが負傷交代、75分にはルーカスが2枚目をもらって1人少なくなり、リヴァプールは劣勢になるも、90分はスコアレスで延長へ。リヴァプールがPKに持ち込めそうな気配が漂い出した118分、エヴァートンの決勝ゴールが生まれる。決めたのは弱冠19歳のゴスリング (GOSLING) 。
残り時間はわずか。こういうときジェラードがいればって感じなんだが、ジェラードは前半すでに負傷交代していて、そのまま終了。
エヴァートンがマージーサイド・ダービーを制しての5回戦進出となった。ゴスリングは生涯忘れられないゴールだろうね。

エヴァートンは今おもしろい。注目すべきチームだ。現在リーグでは6位でUEFAカップ圏内。好調の要因の1つ、ケイヒルが乗りに乗っていることは、日本人としてちょっと困ったことだね。この試合でも何度も決定機にからんでいた。空中で止まるような滞空時間の長いヘディングシュートも脅威だね。ゴスリングの決勝ゴールも、ケイヒルにディフェンダー2人が行ってしまって、裏のゴスリングがフリーになった結果。

このケイヒルを抑えるのは簡単じゃないね。願わくばマージーサイド・ダービーでの120分の激闘で心身ともに疲れ果てて来日してくれることを期待したいんだが、メンタル面も充実してるからなぁ...

JTB スタッフけんさくん☆プロ1500人に聞けるお勧め旅行のクチコミサイト!
最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!


posted by taku at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

ロビー・キーン、スパーズに復帰

ロビー・キーンがスパーズに復帰かぁ。
ロビー本人が大好きだったリヴァプールでの成功を願ってたんだが、残念だけどうまく機能しなかったから、仕方ないかな。
トテナムとしては、25億で売って15億で買い戻したってことで、いい商売をしたね。でもその分、前半戦とても苦しんだとも言えるのかも?
ロビーはスパーズでまたきっと暴れてくれることだろう。側転からでんぐり返しが見れるはず。
おっと復帰後の最初の試合がいきなりノースロンドン・ダービーじゃん! こりゃ楽しみだ。
[旅のノウハウ]All About
サッカー・ブログをもっと見る
posted by taku at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

Rory DELAP スローインで飯が喰えるサッカー選手

「数少ないスローインで飯が喰えるプレイヤー」、とは前節ストーク・シティーvsリヴァプール戦で、実況の倉敷さんがDELAPについて宣ったフレーズ。
ストーク・シティーのMFローリー・デラップのスローインは40メートル以上飛ぶ。
ピッチの横幅が狭いストークのホーム、ブリタニア・スタジアムと相まって、今シーズンスローインからチャンスを産んでる。
確かにブリタニアでの高い位置でのスローインはコーナーキックとなんらかわらない緊張感がある。

デラップ、いままであんまり聞かない名前だったから若い選手かと思ったら、32歳のベテラン。アイルランド代表歴もあるようだ。

さっき終わったチェルシーvsストーク、後半そのデラップのゴールでチェルシーを窮地に追い込むも、87分のベレッチのゴールで追いつかれ、ロスタイム93分にランパードに叩き込まれて勝ち点を持って帰ることはできず。

でも、デラップとストーク・シティー、ビッグ4と対戦するときくらいしか中継はないだろうけど、これからも注目したいな。

--------------------
Rory John Delap
Day of birth: 1976.7.6
Position: MF
Stoke City (2006-)
National team: Ireland
--------------------

All About←ワールドサッカー ガイド:斉藤健仁
サッカー・ブログをもっと見る
posted by taku at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

バロンドールはクリスチアーノ

バロンドールはクリスチアーノ。
やはりというか当然というか。

ポイントは...
1位 クリスチアーノ 446ポイント
2位 リオネル・メッシ 281ポイント
3位 フェルナンド・トーレス 179ポイント

やっぱUCLでの活躍が効くのかな。EURO<UCL。
フェルナンド・トーレスはEUROではいい仕事したけど、08-09シーズンはケガの離脱も多いし、あんまり活躍できてないからね。メッシにしても、クリスチアーノのインパクト、話題性に較べるとやっぱ落ちるかな。

クリスチアーノはバロンドールを引っさげ、FCWCにやってくるってことで、FIFAや日テレ的にはよりおいしい状況って感じ。日テレとかうざいくらい騒ぎそ。
でもクリスチアーノは見たいね。マンU贔屓でない僕ですらクリスチアーノには魅せてほしいって思うからね。FCWC、楽しみになってきた。

All About←ワールドサッカー ガイド:斉藤健仁
最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!
posted by taku at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

ランチタイム・キックオフ

今、J Sportsでボルトンvsリヴァプールの生中継を見てる。キックオフ前、実況の倉敷さんが「ランチタイム・キックオフ」という言葉を使った。
現地時間12:45キックオフ。現地でもそういう呼び方を本当にするのかと、Yahoo! UK&Irelandで検索するとけっこうヒットする。英国らしいというか、おしゃれな言い方だな。

【All About】専門家がガイドするテーマ別情報サイト
最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!
posted by taku at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

歴史上の人物になり損ねたレッドビター

思わず「来たー!!!」って大声を上げてしまうゴールって、最近だとどのゴール?

UAE戦での香川の代表初ゴールには、「良し」くらいはつぶやいたかな?
UAE戦を見たあと、録画してあったサンダランドvsアーセナルを見たんだが、その試合で、思わず「来たー!!!」っと大声を上げてしまったゴールが飛び出した。

0-0のまま、83分にドゥワイト・ヨークに替わって出てきたのが18番グラント・レッドビター。
実況の金子さん、解説永井洋一さんの紹介によると、イングランドU21のキャリアを持つ選手で、地元出身、ユース生え抜きの選手ということだ。
そしてピッチに入ってたった1分半後の85分、レッドビターの放ったミドルシュートがクロスバーの内側に当たってアーセナルゴールの中へ。
「キターーー!!!」
自分でもびっくりするくらいでかい声を上げてしまった。地元出身でユース生え抜き。いいねぇこういう選手と思って見てたから、感情移入してたみたい。

このまま終われば、アーセナルから勝利を奪ったゴールを決めた地元出身、ユース生え抜きの選手としてクラブの歴史に名を残す選手になる。
このままサンダランド凌げーっと思っていたが、アーセナルは格下の相手に2連敗するわけにはいかないとばかりに猛攻をしかけ、ロスタイム、CKからセスクがヘディングで決めて同点。そのまま1-1で終了。
サンダランドはジャイアントキリングを逃し、レッドビターは歴史上の人物になり損ねた。

でも、レッドビター、僕の記憶には深く刻まれたね。
まだ22歳、今後応援していきたい選手だ。ただ、もっと力をつけたとしてもサンダランドでずっとプレイしてほしいな。

最新サッカー・ブログ・ランキングをチェック!

posted by taku at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

ニューカッスル、謎のナイジェリア企業がオファー?

newcastle_united.jpg

「謎のナイジェリア企業グループがニューカッスル買収をオファー」という記事がスポナビに出てた。
なんだよ「謎のナイジェリア企業グループ」って!?

ニューカッスルは好きなチームのひとつだ。
キーガンが監督を辞任し、チームも売りに出されてる状態で、成績もやばい状況。
まず監督が決まってほしいんだが、オーナーが決まらないと、そりゃなかなか誰も引き受けてくれんわな。
そのオーナー候補が「謎のナイジェリア企業グループ」ってか。んー心配だ。

謎のナイジェリア企業グループがニューカッスル買収をオファー(スポナビ)

posted by taku at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

マージーサイド・ダービー

きょうはダービーマッチがいろいろある。
一番の注目はマージーサイドだが、今シーズンはチーム力の差がちょっと大きいね。
エバートンのホームゲームだったが、結果は、神の子の2ゴールで0-2でリヴァポー。

08-09シーズンのプレミア、ぼくの一番の贔屓チームはリヴァポー。
もともとリヴァポーはそんなに好きなチームじゃなかったんだが、アトレティコのトップにデビューした頃から注目してたトーレスが来て、おまけに今年からはロビー・キーンまで加入。
一気にナンバー1ご贔屓チームになってしまった。

今節、キックオフ時間が一番早かったマージーサイド・ダービーに勝ったことで暫定首位。チームは好調なんだが、ロビーが数字的に結果が出てない。本人も早くゴールがほしいと思ってるのは間違いないと思うが、シュートが少ないんだよなぁ。結局今日の試合もシュート0。
まあチームに貢献してるのは確か。きょうのトーレスの1点目はロビーのクロスに合わせたものだし、2点目もロビーのパスを受けたカイトが潰れて、こぼれ球をトーレスが押し込んだ。
200809_merseyside.jpg

見る人が見ればわかるはず。それが証拠にラファだって先発で起用してるんだろうし。
でもやっぱ早く得点ほしいよね。アンフィールドの熱狂的なサポーターの前でゴール後の側転パフォーマンス見せてほしい!
posted by taku at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

ノースロンドン・ダービー

ノースロンドン・ダービー、トットナムホットスパーvsアーセナル戦を見た。
ゲームは終了間際の劇的な同点ゴールで、ホームのトットナムがドローに持ち込んだ。

spursxarsenal-1.jpg

トットナムは、前半、ゴール前の混戦からロビー・キーンが反応の早さを活かして頭で押し込み先制。しかし、試合の主導権は1試合通じてほぼアーセナル。やはりというか後半アーセナルはきっちり逆転する。後半スパーズはシュートらしいシュートも撃てず、淡白な攻めに終止。こりゃどう見てもアーセナルの勝ちだなと思いながら見ていたが、ロスタイムになってやっとというか、スパーズが最後の意地ともいえる攻撃を見せ始める。しかし決定機まではなかなか作れない。そして表示された4分のロスタイムもわずかになったところで最後のチャンス。中央、20メートルほどの位置からジェナスが放った低い弾道のミドルがレーマンの指先をかすめゴール隅へ。ゴールが決まった時、時計は94分06秒を表示していた。

spursxarsenal-2.jpg

アーセナルは、チャンピオンズ・ストレートインの2位以内の可能性はなく、逆に予備戦から出場の4位より下に落ちる可能性もほぼないに等しい。何をしてでも勝つんだっていう強いモチベーションがないのはしかたないのかもね。

逆に、ギリギリのところで勝ち点1をつかみ取ったスパーズ。この勝ち点1は、UEFAカップ出場枠獲得に向け、のちのち大きな勝ち点1になるかもしれないね。

他の人気サッカー・ブログを探す
posted by taku at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

ジョージ・ベストがお札に

去年11月になくなったジョージ・ベストが紙幣になるそうだ。
ジョージ・ベストのお札は5ポンド紙幣で、1周忌にちなんで、北アイルランドのアルスター銀行が発行するんだそうだ。発行枚数は100万枚。

5ポンドだから、日本でいえば1000円札みたいなもんだね。
日本だと額に入れて数千円で売り出すとことか出てきそう。
ジョージ・ベストの大ファンだったさんまとかはきっと手に入れるんだろうな。

他のサッカー・ブログを探す
posted by taku at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

中田ヒデ、プレミア初ゴール

中田ヒデが、プレミア初ゴールを決めた。
ゴールだけでなく、ヒデは徐々にチームにフィットしてきたね。だんだん出場機会も増え、出場時間も伸びている。ヒデ自身の試合勘も完全に戻ってきているようだ。

続きを読む
posted by taku at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。